街歩きと小旅行で気持ちを満たす

街歩き

仕事のないプライベートな時間には、積極的に外出し外を歩くことが気分をリフレッシュさせることにつながり開放感が得られることでしょう。

動画鑑賞やゲームが好きだという方でも、何かに行き詰まったり満たされない思いを感じたら外の景色や非日常感を感じられる場所に興味を持ってみると新鮮な気持ちになることが期待できそうです。

何か足りてない、満たされないと感じたら外へ出てみる

忙しい毎日を過ごす中で、日常生活に満足できす自分には何か足りない、どこか満たされていないと感じることがあるなら外に出て街を歩くことで気分転換につながる効果があるかもしれません。

日ごろ見慣れた仕事のツールや生活品を意識的に遠ざけるため外に出て、街の景色や季節の花、行きかう人々など日ごろ見慣れないモノへ意識を向けることで、仕事で凝り固まった気持ちが少しでもほぐれる効果があることでしょう。

この街歩きで気分をほぐしたい時のポイントは、車や自転車などに頼らず、できるだけ徒歩で緊張感をもたずに歩道から見える景色をただ眺める程度に歩くことです。

目的はのんびり歩きながら景色を楽しむことですが、特に意識しなくても車で移動しているときになかった季節感を感じられたり、今まで見つけられなかった自分の興味を引くようなお店などを発見できるかもしれません。

居場所を変えて動き回る楽しみ

私たち社会生活を送る大人の中で旅行を趣味として楽しむ方は少なくありません。

あらかじめ行き先を設定し予定をたてて旅行に出かけることに人は楽しさや開放感を感じることができるようです。

もちろん、休みの日は家でゆっくりしていたいという人もいらっしゃるでしょう。

ただし、私たちにの多くに備わっている旅行などのこうした動き回る楽しみを感じにくくさせているのが、毎日繰り返される職場への出勤だと考えると納得いく人もいるのではないでしょうか。

ならば、意識して通勤とは別な手段で自分が楽に感じる交通手段を使い旅行を計画してみるのはいかがでしょう。

非日常的な空間へ積極的に身を置いてみる

単純な生活を繰り返すより、くつろぐための場所には少しの変化や刺激があったほうが楽しいはずです。

そんな意味で、ときには自ら積極的に非日常的な空間に見をおいてみる工夫も必要かもしれません。

思い込みややせ我慢でなく、自他ともに非日常を楽しんだと実感し満足するには、それほど遠くない場所へ一泊だけでも宿を確保して過ごしてみるという手があります。

たとえ自分で思ったほど満足感が得られなくても、ホテルなどの宿泊施設が提供する形の残らないサービスに対して対価を支払うことは大人にとって至福ともいえる贅沢な体験です。

自分の評価は低くても、一般的には非日常を体験できる旅行は近場であっても気分転換になります。

人並みな非日常を体験したという事実は、何もなかった平凡すぎる休日を回避できたという点については自分を腑に落ちさせてくれることでしょう。

おすすめ記事

変なホテルのホログラムチェックインビジネスホテルは大人のレジャーランドだ踏切から見える鉄道の線路鉄道を楽しむ時間は人の幸福度を満たしてくれる

カテゴリー新着

泊りに出かけた仙台市の夜の風景休みの日に予定がなかったらビジホへ泊ってみよう【東横インでギフトカードを利用】バットを振るドカベンドカベンの銅像がある街を歩く【新潟市古町:ドカベンロード】仙台駅東口にあるアンパンマン像仙台駅東口の周辺でアンパンマンの石像を撮る【アンパンマンストリート】福島県にある黒森トンネル北側入り口猪苗代湖一周コースで激坂を回避【黒森トンネルを通るルート】風もなく波もない晴天の猪苗代湖猪苗代湖一周コース(左回り)ポイント解説【本気で挑む激坂&高所からの絶景編】変なホテル仙台一番町の入口変なホテル仙台国分町宿泊レビュー【快適:ツインルーム編】