仙台市内でタレかつが食べれる店【越後拉麺はなびで味わう新潟の味】

タレカツ丼

先日のこと、仙台市の街中を歩いていたら新潟名物の「タレかつ」が食べれるお店があるのを見つけ入ってみることにしました。

食券を購入してから店内へ

アーケードに「タレかつ」のぼりの立つそのお店の名前は「越後拉麺はなび」。

どこぞの駅ビルなんかで目にすることがあるラーメン店ですが、タレかつが食べれるとは聞いたことはありません。

お店は商業ビルの地下にあって、表の看板からは店舗は2階かと思ったら逆でした。

注文は店の表といっても地下の通路になるのですが、そちら側に券売機があるのでそこで「たれかつ丼」の食券を買い求めてから店内に入ります。

外に3密防止で間引いた椅子が待ち時間用に並べてあったのをみると、昼時なんかは混みあうのかもしれません。

この手の店は食券を買う前にまず店内の席に余裕があるか確認したいところです。

越後拉麵はなびのタレかつ丼

店内に入ると、カウンターは2人ほどの先客がいたのでテーブル席へと案内されタレかつ丼の食券を店の人へ渡し待ちます。

待ち時間の間に、厨房の中からピチピチと油のはねる音が聞こえてきたのでかつはその場で揚げているようでした。

タレカツ丼

ラーメン店で食べるタレカツ丼

しばらくして、席に届けられたのがこちらのタレかつ丼。

漬物と辛子

タレカツ丼に漬物と辛子がつく

添えられているのは漬物とカラシだけというシンプルな構成です。

厚みのあるタレカツ

結構厚みがあるタレカツ

さっそく一枚かぶりついてみると、揚げたてのカツにタレが程よくしみ込んでいて、ノーマルなかつ丼やソースカツにはない特有の食感と旨味が味わえます。

ご飯にもタレが浸み込んでいる

タレの味はご飯にも

白いご飯にもほどよくタレが混じっていてよい感じ。

辛子を付けたタレカツ

辛子を載せたタレカツ

カラシがついていたので、恐る恐る箸でチビチビと「かつ」につけながら食べていましたが、箸についたカラシをついペロリとしてしまいそうで、かつに直接つけるて食べました。

タレカツに辛子をつける

辛子を直接つける

たれカツにからしというのが普通にある組み合わせなのかわかりませんが、だしの利いたおでんにカラシをつけたりするので違和感なくおいしく食べれます。

漬物といっしょにタレかつ丼を食べ終わると丼の底には閣の文字が入っていました。

この辺では有名な閣という店の系列店なんだとか。

新潟行ったら食事はタレかつ

越後拉麺はなびは、長岡発祥のラーメンをだす店のようですがタレかつで腹が満たされたところで、そちらも気になってしまいます。

店名の由来は長岡の花火からですね。

今回は、新潟で食べそびれたタレかつが、たまたま仙台のラーメン店で食べれた話でした。

また自分の行動圏内でタレかつ丼が食べれる機会があったら、そのときも迷わず飛びつきたいと思います。

【新潟関連】

新潟市の観光循環バス日本海が見たくて新潟市観光循環バスに乗った本町・古町方面の案内新潟駅から古町までの交通手段にバスを利用万代橋新潟駅から古町のバス停まで約2kmを歩いて移動してみた【距離と時間はどのくらい?】