男が満足するときBlog

小さな満足の積み重ねが大きな結果につながる

休日の夜はこんな店で過ごしたい

time 公開:
休日の夜はこんな店で過ごしたい

男にとって夜の更け方はどうあるべきか、いちいち考えることはないと思いますが、休日の夜をダラダラ過ごすほど無駄なことはないと言えます。

今回記事に取り上げる休日というのは、一般的には土曜の夜のことで深夜まで外出していても翌日に影響がない状況を想定します。

広告

こうありたい休日の夜

休みの日の夜を家でのんびり過ごすことは特にに重要なこと。
疲労を回復させるためには休養が必要です。

しかし、私たち男はそれでは何か落ち着かないという気持ちを抱くことが時にあることでしょう。

夜にくつろげる店

仕事の忙しさからなおざりになっていた自分を客観視できる時間というものをたまにもうけてやる必要はないでしょうか。

自分は今、広い世間でいうところのどの位置にいて、それは今安住していて良い場所なのかということについて、ある程度規則的に省みる必要があることでしょう。

のんびり、疲労回復ばかりに時間を当てていたら人生の大事なものを逃すことになってしまわないでしょうか。

ただ、こうしたことっていうのは焦っても何も出来ることではありません。

自分の自由な時間を生かして大衆の中に身を置き、世間一般の体温や鼓動みたいなものを感じてみることはとても良いことだと思うのです。

夜の時間を満たす店のとは

男が夜の街で夜の時間を過ごすというと、居酒屋や屋台をはじめ賑やかな店などを想像しますが、今回理想として取り上げるのは男が落ち着ける場所です。

窓から夜の街が見えること

夜の街が見える店

上に書いたとおり、広く世間一般と自分を比較したいとき生身の人の行動や街の景色を観察することは重要なことでしょう。

若い人の考えや、流行の情報を取得するのにネットや雑誌あるいはテレビなどは有効ですが、リアルな人の行動というのは街にでて肌で感じることが大切です。

そんな行き交う人々の行動や仕草をぼんやり眺めることができる窓際席がある店は男に限ら大人の女性にとっても必要な場所とも言えるでしょう。

ちょっとだけ美味しいワインが飲める

美味しいワイン

夜を外で過ごすことの目的は、上に書いたとおり今の自分と広く一般に言う大人の男とに違いはあるのか、あるいはそれの少しばかり上でも歩んでいけているかを確認して腑に落ちることですが、せっかくお洒落な店に入ったのならお腹の方も満たしたいものです。

自分と世間を比較して安堵したところで美味しい食事をし、高級とは言わないまでも自分の好みにあった口当たりの良いワインでも飲んで過ごせれば至福のひとときとなるでしょう。

男に当てはまる「木を見て森を見ず」

日頃携わる仕事で、世間を見渡し自分を客観視できる環境にある人はそう多くありません。

男の趣味や生き甲斐に夢中になるあまり、世の中の常識から極端に遠ざかってしまうことは大海原の中で自分の居場所がどこなのか分からないのと同じです。

「木を見て森を見ず」という言葉がありますが、これは大人の男にも充分当てはまるのではないでしょうか。

目先の利益だけでなく「森」を見るために街に出てみることも大事です。

【おすすめコンテンツと広告】

広告






サイト情報

メインサイト

男が満足するとき

主なテーマは‥

男も歩けば

食で満ち足りる

大切な習慣

気軽にフォローしてください
サンプル

カウンタ



アーカイブ