お手軽飯は食への好奇心につながる

魚肉ソーセージで作るのどぐろチャーハン

料理をお手軽に済ませることは大人にとって永遠の課題なのかもしれません。

なぜなら、食は欠かすことができず生活の中にどこまでも必要なものだから。

試されるべき好奇心をお手軽めしへ

毎日訪れる食事の時間は、人によっては準備に手間がかかる面倒な時間でもあります。

そんな食事の準備を、面倒がらすに楽しむためにはどうすればよいのでしょう。

当サイトではそのヒントとして、料理をできるだけ簡単にすませることと、日頃思いつくような小さな好奇心をその簡単料理に盛り込んでみることにしました。

簡単料理は生活に溶け込んだ遊び

このサイトで言う「お手軽飯(メシ)」とは、簡単料理にちょっとした好奇心を盛り込むというもの。

いわば、面倒に感じる料理の手間を最小限で済ませるとともに、そこに遊び心を持たせるものです。

もともと面倒に感じていた食事の準備を好奇心が伴う遊びに置き換えて習慣化してしまうのが狙いになります。

プラスカレーだけで広がる世界

お手軽めしのコンセプトは、異色な食材の採用やインスタント食品のボリュームアップなどで、もともと簡単に済ませることができる食事をドレスアップさせること。

例えばお赤飯にカレーをかけて食べてみるとか、興味はあるけどなかなか試せない組み合わせへの挑戦です。

スーパーの食品売場でも、普段では思いつかないような食材とカレーの組み合わせは良くあります。そんな、ちょっとの思いつきや好奇心が日常の簡単料理に生かすことができれば単純な食生活が生活にとけ込んだ遊びへと繋がることでしょう。

仕事頭はお手軽めしでほぐす

仕事に限らずプライベートの趣味や娯楽でも、良いアイディアが思いつかず行き詰まってしまう場面があります。

そんなとき、場合によっては課題から意識をそらし別なことに集中すうることで解決に有効な施策が思いつくことがあります。

その直面した課題から一時的に意識を逸らすために、意外にお手軽飯が役に立つかもしれません。

夢中になっていることから意識をそらしリラックスするのが、苦手に感じる人は少なくないでしょう。

そんなとき、好奇心混じりの簡単料理に目を向ければ完全なリラックス効果とまではいかないにしても、視点を変えるなどのきっかけにはなるかもしれません。

自分だけのオリジナルな発想で作るお手軽飯は、大人が好奇心を維持し続けるためのトレーニングになり得る将来性があるといえるでしょう。

おすすめ記事

青梗菜でチンジャオロースチンジャオロースのピーマンがチンゲン菜だったら魚肉ソーセージで作るのどぐろチャーハン魚肉ソーセージで作る「のどぐろチャーハン」意外に食べれるカルボナーラ蕎麦蕎麦にカルボナーラソースをかけてみたら意外とイケた?