日曜日の夕方を楽しく過ごす

日曜日に好きなことをして自由に過ごしたはずなのに何故か不満が残る。 そんなことはありませんか?

日曜日の午後にやってくるあの気持ちは?

私も、どちらかというと日曜日の夕方が好きではありません。平日の休が多いため、日曜日というより休みの日の夕方は大事な何かをやり遂げられなかった気がして、虚しさを感じることが結構あります。

日曜の夕方の不安

休日の日が暮れる時間帯というのは、なぜかソワソワと落ち着かない時間帯。極端に言うと、休日の夕方を家で過ごすことは健康に悪いこと、そんな気分になってしまうことがたまにあります。

夕方の鬱を回避するためには

鬱々とした気分を回避するために夕方は家にいないことにする。そんな行動パターンになってしまったら休日の意味がなくなります。休みの日の夕方に家で落ち着けないというのは、仕事で忙しい日が続いたときなどには結構つらいことです。

私の場合、たとえ趣味に没頭した日でも虚しさがやってくることがありました。経験した人は分かると思います。自分は何かをし忘れている、俺は今の自分に必要な何かに気づいてなくて、そのことが自分をこんな気持ちにさせると‥。

でも、虚しさを回避するのに必要なモノは何か?簡単には解決策など見つけられないことでしょう。”大事な何か”は実際に存在するのかもしれません。自分に”本当に必要な何か”に気づいてないだけで探せば本当に見つかるのかも知れません。今の私自身、虚しさを回避できる大事な何かは「見つけられたような気がする‥」と言った常態です。本当は、もっと他にあるのかもしれないとさえ考えたりします。

【広告】

大事なのは探し方と迷い方

自分にとって本当に必要なモノは何か?探し求めても簡単には見つからないことでしょう。そう簡単に知ることができたら、日曜日の夕方の憂鬱はやって来はしないでしょう。問題は、どうやって探していくかだと考えます。見つからないからと諦めたら、そこからは目的の無い自堕落で魅力のない毎日が待っていそうです。

私が強く言いたいのは、大きく求めても変化は突然やって来ないし、変化が来ないからと大事なナニカを諦めてしまってはいけないと思うのです。大きな幸せは簡単には手に入りません、しかし、小さな幸せを見つけてそれを継続していくことは、簡単にできると思うのです。例えば、充実した家庭を支えているお父さんの趣味は、車だったり、釣りだったりと、平凡で大それたことでないのが多いです。あたり前ですよね、大事な何かは家族です。
ただし、自由すぎると一般的な趣味じゃ満足できないんですよね、そんなんじゃなくて自分にはもっと楽しいことがあると思ってしまう、けどそれが何かは分からない。

今に満足していない人も、小さな幸せを継続させながら大事な何かを探し続けることを諦めなけらば迷いは少なくなるのではないでしょうか。

大きな何かばかりに、こだわりすぎるから不安になるのです。

小さな幸せを継続させながら、自分探しはけして忘れない。そんなライフスタイルが大事なのだと思っています。

【おすすめコンテンツ】