何も予定のない連休につける薬

大人の男に連休が訪れたなら、その期間は優雅なひと時を過ごしたいものです。

旅に出たり、美味しいものを食べたり、あるいは新しい趣味やスポーツに挑戦するのも良いでしょう。

予定がないのは行く場所がないのと同じ意味

休みの予定がないというのは、なにもすることがないと捉えてよいと思いますが、これが3日以上の連休となれば「どこにも行く予定がない」と同義だと解釈して良いと思っています。

男の場合、時間があれば何処かへ出かけたほうが気分が晴れることでしょう。
自由な時間はあるのに出かける予定が立てられない理由というのは、休み明けの仕事に影響があるような行動は避けたいとか、それ以外は面倒で疲れるから家でのんびりしていたいという人もいることでしょう。

気持ちに決着がつかないのは

次の勤務に支障があるからとの考えで思考がストップしてしまうのは、もう頭の中が休日モードに入っているからなんでしょうね。

そこで、休日明けの心配をしなくても良い旅行の範囲とかを、自分でわかっているよという人はどれくらいおられるでしょう。意外とこの辺が旅行好きドライブ好き人間になれるかなれないかのポイントなんじゃないかとも思えます。
ふらっと出かけるの”ふらっ”の範囲を明確にしておくのはどうでしょう。

休み明けの仕事に支障がない距離、出先で緊急の連絡をもらっても対応がイメージできる限界の場所は何処か?私の場合、見栄を張らずに書くと往復150km(片道75km)くらいまでの距離なら、仕事にはまず支障が出ないことと思います。変な疲れを残さないという意味でも片道100kmくらいが限度でしょうかね。それ以上になると予め慎重にプランを練る必要があると思っています。

根っからの旅好きな人は、いちいちそんなこと考えないのかもしれませんが、玄人と同じ思想で事が上手く運ぶとは考えにくいのは旅に限ったことではありません。

そんなことで、自分が確保できた時間に見合う旅先を普段からイメージできることが、男が満足する休日のために大事なのではないでしょうか。

【広告】

どうにもならなかった休日への頓服薬

普段の仕事で消耗し、すり減ってしまった男は理想の休日が思い出せなくなってしまうことも十分あり得ます。
もし『充実を果たせなかった休日に虚しい夕方と出会ってしまったら』そんな事態になってしまった時の応急処置はどうすればよいのでしょう?

思いつく程度にあげてみたいと思います

こんなことしか思い浮かびませんが、更にダラダラと過ごすよりは良いかもしれません。可能ならば自分で具体的に策を練りましょう。

※ちなみに私の場合、休みの夕方にブログを書くと頭を使い過ぎてしまって寝れなくなってしまいNGのようです。

あきらめて気持ちをリセットする方法

身の回りをいつもより念入りに掃除し、暑めの風呂に入る(ぬるくても良いのでジットリ汗をかき無駄な時間を反省する)とかはいかがでしょう?
その後にお気に入りのDVDでも見て気分をリラックスできればいいですね。

理想の夕食を採る

ここでの理想とは、健康的な食事という意味での理想と考えたいと思います。

普段から思っている理想の夕食ってのは、なかなか実践できないものですよね。
人にもよるかもしれませんが、手が込んでしまったり食材の単価が高かったりもあることでしょう。

ダラダラ不健康に過ごしてしまったので仕方がありません。
ここはケチらず、いつもは手を出さない野菜や魚を準備しましょう。不健康な休日を過ごしてしまったわけですから体に入れるものくらいは上品で健康的なものにしましょう。

普段食べない果物なんかもいいかも知れません。ダラダラ過ごした自分へ健康的な無駄遣いをしてみましょう。

次の休日のプランを立てる

これが一番現実的かもしれませんね。

旅行雑誌でも買い込んできて次の休みのプランでも立てるとか、趣味の世界に溶け込むとか、その程度のリラックスはしておきたいです。

青空のもと写真を満足に撮り歩く自分の姿を想像しながらカメラの手入れをするとか、他にも、普段は仕舞い込んでしまっている旅のツールの手入れをして過ごすなどはどうでしょう。

以上、ダラダラ過ごした時間への頓服薬を考えてみましたが普段から自分なりのアレンジを頭に入れとくと良いかもしれません。

【おすすめコンテンツ】