大型バイクを所有することとフルサイズ一眼レフを持つことは似ている

車やオートバイ、カメラなど男なら高性能でサイズも大きなモノを選びたいものです。

そして、実際に手に入れた愛車や機材は男の所有欲を充分満たしてくれることでしょう。
しかし手に入れたものは男の満足の全てとは言えません。人によってはこれで充分だというかもしれませんが、今手元にある愛車たちは頂点に至る過程を垣間見ただけではないでしょうか?

【広告】

男の趣味の楽しみ方はもっと自由だ

これさえあれば充分だと思って手に入れたものが、将来の自分にとって足かせになるようなことになってはいけません。
男に限らず、人は大人が深まってくるにつれて物を所有することでの満足感というのがなくなっていきます。

たとえば、「形に残らないサービスへ対価を支払うことこそが消費活動においての至高だ」との考えがあるとします。

そう考えるならば、やたら大きな所有物や無駄に高性能な機械製品は維持管理にも費用が掛かり、形に残らないサービス(例えば高級温泉宿への宿泊など)を楽しむことを経済的に阻害する結果となってしまいます。

ただ、このことは若さの充分に残る男にとっては言葉では理解できないことで経験によらなければ実感できないものなのです。

大型バイクだけの人生を考える

実際に大型バイクを所有してみると、消耗品であるタイヤの値段が高いことに驚きます。
他にも整備の費用に車検や保険など、大型バイクにかかる維持費はかなりのものです。

自分の人生はハーレーだと言い切れるならば、そういった生き方も大いにありでしょう。
しかし今のところ何も興味が湧かないから取り合えずバイクだけは大型にしてみた。というのでは少し寂しい感じがします。

実際に手に入れてみると大型バイクのパワーを発揮できる場所は少ないものです。下手すると高速道路ですら満たされない有り余るスペックです。
そして、その価値観を共有できるのはほぼライダーに限られます。

一眼レフは持つ楽しさだけではない

フルサイズ一眼レフを所有し、それを楽しむためにはやはり費用がかかります。

バイクにせよ、フルサイズ一眼レフにせよ、それがほどほどになるような経済力を身に付ければ良いという考えもありますが、とても万人に共通する目標とはなりえないでしょう。

優れたカメラを使うことで自分にも「他人に自慢できるほどの綺麗な写真」が撮れるかもしれません。
しかし、せっかく撮れた綺麗な写真は画素数がデカく管理が面倒だったりWebへのアップロードに適さないサイズであったりと、肝心の写真を認めてもらうまでの工程にやや難があります。

趣味を楽しむカメラで、性能が良すぎるがあまり成果を出すためのフットワークが鈍くなってしまうのも本末転倒ではないでしょうか。

男というのは、プロ用の道具を使い成果を出すための工程もプロ並みの七面倒くささがあれば、その重みに安心してしまうのかもしれません。
当たってませんか?

そこそこのバイクでもバイクの楽しさは味わえます。でもそのことを知るには一度大型バイクを所有してみなければ分かりません(大型が心底好きな人もいますが‥)。

カメラも、大きくて重いフルサイズ一眼レフでなくても、撮る楽しみ、作品を評価してもらう楽しみは素人なら変わりありません。
そして、このことも一度フルサイズ一眼を所有してみないと分からないもので、男の所有欲というのは非常に回りくどい仕組みになっているのです。

しかし、本質を知るには他人からの情報でなく身をもって体験しなければ生活の中でも同じことを繰り返すことになるでしょう。

自分の力で現実を知ることが男の経験

いわゆる物件と呼ばれる価値がある動産や不動産も、実際に手にしてみなければ真の価値は分からないものです。
欲しかったものを手中に収め、本当に満足できてしまう経験というのは非常に少ないのではないでしょうか。手にしたとたんに更に上級の物、上質の物を求めてしまうのが男の思考回路であることは間違いないでしょう。

ただし、そのことを身をもって知るためには、欲しがったモノをドンドン力ずくで手に入れていく必要があります。
物欲がどんなものか腑に落ちるまで機械的に繰り返すのです。
それが自分の求めたい「究極の至高」を知るうえで一種の身になる経験とも言えるでしょう。

仮に、そこで満足できてしまうということは何かに妥協してしまっている状態と言っても良いでしょう。
いずれ納得しなければならないとしても、それを今の自分に適用すべきかどうかの判断次第では、得られた納得は諦めと同義かも知れません。

本当の満足は継続して求め続ける自分を冷静に認め、そのことに誇りを持つことなのかもしれません。

【おすすめコンテンツ】