プラグインAll in One SEO Pack削除後のdescription

ワードプレスでdescriptionの移行

WordPressのド定番プラグインである「All in One SEO Pack」は多機能で扱いやすく、慣れてしまうとこのプラグインなしではサイトの運用もままならないほどです。

All in One SEO Packを使い記述したMetaDescriptionはプラグイン削除後に他のプラグインなどへ移行して再利用できるものなのか試してみることにしました。

※meta descriptionのデータ移行はSQLデータベースのバックアップ、WordPressのバックアップが行えるなど専門の知識が必要になります。また、運用に関しては自己責任で操作を行うことになります。

All in One SEO Pack依存

All in One SEO PackはWordPressでサイトを運用している方なら一度は耳にしたことがあるといっても良いほど名の通ったプラグイン。

Web上でも、特に初心者への「おすすめプラグイン」として推奨しているのを多くみかけます。

扱いやすくSEO対策が可能なのは非常に助かりますが、ここのところAll in One SEO Packは重いプラグインだという評価をチラホラ目にするようにもなりました。

お勧めプラグインだと聞いて喜んで入れははずなのに、サイトの表示スピードに関して足かせになるのでは少し心配になります。

しかし、WordPressでのサイト運営も順調に進みmeta情報はもちろん、アナリティクスの設定からサイトマップの自動生成までAll in One SEO Packどっぷり依存しきっているケースも珍しくはないのではないでしょうか。

meta_descriptionをどうする

All in One SEO Packは頼りきりでも、そのメリットや成果もそれなりに得られるプラグインであり利用者が多いため、後のアップデートやメンテナンスも心配は要らないとは思います。

気になる「重さ」についてもアンインストールしたところで、ページのスピードはそれほど変わらなかったなどという情報もあります。

しかし、この表示スピードへの影響は使用環境により異なるので自分で検証してみないと分かりかねるというのが正直なところでしょう。

All in One SEO Packの有無でサイトにどんな影響が出るのか、一度鞍替えしてみないと管理者自身の評価はできないと言えます。

All in One SEO Packを削除してテストしてみれば良いのですが、このプラグインの削除で大きく影響が出るのが「meta description」をこのプラグインで設定していた場合です。もちろん本格的に他のプラグインへ移る場合でも、meta descriptionに関しては利用期間が長いほどデータの移動に関して問題が生じます。

All in One SEO Packを停止、または削除した場合でもデータベース側へmeta descriptionの文字列は残りますが、WordPressには反映されません。

記事本文と比べ短いディスクリプションのデータですが、長い間書き溜めてきたものを手書きやコピペで移行させる対応は非現実的です。

このdescriptionのデータをうまく違う環境に移行できるかどうかが、別プラグインを導入した場合動作を試すカギとなるようです。

他のプラグインへ乗り換えを考える

「meta description」のデータベースでの格納場所は、前回記事にしていた通り「wp_postmeta」テーブル(データベースが複数ある場合、識別のためwpとpostmetaの間に英数字が入ったテーブル名になっていることがあります)の「meta_key」カラムに「_aioseop_description」を指定されたレコードの「meta_value」カラムのフィールド内です。

単純に考えれば「meta_key」に_aioseop_descriptionを指定しているレコードの「meta_value」に保存されているデータを、All in One SEO Pack以外のプラグインでそのまま読み込むことができれば良いと考えられます。

プラグインの移行例として、「Easy WP Meta Description」というディスクリプション作成専用のプラグインを使用してみます。

Easy WP Meta Description

まず「Easy WP Meta Description」で使用するテーブルは同じ「wp_postmeta」。

descriptionの文字データも同じく「meta_value」のカラムに格納されており、All in One SEO Packと異なる部分は「meta_key」カラムでの指定が「_easy_wp_meta_description」になっているところです。

All in One SEO Packを停止後に、Easy WP Meta Descriptionプラグインをインストールしてmeta_keyカラムの_aioseop_descriptionを全て_easy_wp_meta_descriptionに置き換え(書き換え)することができればAll in One SEO Packで作成したdescriptionをEasy WP Meta Descriptionで運用することが可能になると思われます。

SQLの実行

ここまで分かれば、データベースを書き換えて動作が可能か試してみたいところですが、まずはデータベースのバックアップを取ります。

phpMyAdminのエクスポート・インポートの機能などの利用すれば簡単にデータベースのバックアップを済ませることができます。

今回の例で実行させるSQL文は次の通り


update wp_postmeta set meta_key=replace(meta_key, "_aioseop_description", "_easy_wp_meta_description")

検証後に、All in One SEO Packに戻したいといった場合は_aioseop_descriptionと_easy_wp_meta_descriptionの記述を入れ替えて実行すればもとに戻るはずです。

Easy WP Meta Descriptionを含め、metaデータを編集する同じ仕組みを使ったプラグインであれば、この方法で乗り換えが可能であると思われますが、プラグインが独自に別なデータを参照していた場合などは、動作に支障が生じることも想定の上テストする必要があります。

安定した移行を求める場合、当記事では説明が不足している部分があります。metaデータの設定に関する変更は新しい環境とAll in One SEO Packなどのプラグインの動作でデータベースがどの様に動くかを比較できればmeta_descriptionのように長期間の運用で蓄積された大量のデータの移行も可能なことでしょう。

All in One SEO Packの「meta_description」は何処にある?

WordPressでdescriptionの場所

WordPressの定番プラグイン「All in One SEO Pack」で記述したMetaDescriptionはMySQLデータベースのどの場所に格納(保存)されているのか探してみました。

Webサイトを運営する人の中には、メタ・ディスクリプションは記述しておきたいけどページへの組み込みはプラグインに頼っているという方も多いのではないのでしょうか。

私も、Meta情報の記述はAll in One SEO Packに頼りきりですが、最近になってプラグインで入力したメタ・ディスクリプションはいったいどこに入っているのか気になりだしたので確認してみることにしました。

プラグインで記述したmeta_descriptionの保存先

まず、お目当てのmeta_description(メタ ディスクリプション)を探すために投稿記事が格納されているtableをデータベースで探してみます。

投稿titleやコンテンツ本文が格納されているのはWordPressで使用しているデータベースの「wp_posts」というテーブルのようですが、その中身をいくらのぞいてみてもmeta_descriptionらしいテキスト文は見当たりません。

次にデータベースの「wp_postsmata」(データベースが複数ある場合wpとpostmetaの間に識別用の英数字が入ることがあります)というテーブルの中を探してみたら格納(保存)されていました。

meta_descriptionは「wp_postsmata」テーブルの「meta_key」(カラム:列)のフィールド値が「_aioseop_description」で指定されているレコードの「meta_value」(列)のフィールドの中に格納されています。

投稿内容が格納されている「wp_posts」テーブルとは「post_id」というカラムに入力された数値でリレーション(紐付け)されているようで「wp_posts」テーブル側のカラム名は「ID」になっていました。

※検証時のプラグインのバージョンは3.3.4

All in One SEO Packを削除したら消える?

meta_descriptionが保存されている場所が判明したところで、All in One SEO Packを削除してしまったらどうなるか試してみます。

まずはプラグインを停止した場合ですが、meta_descriptionが記述されているフィールドの値に変化はありません。

よく調べていませんがデータベースの中で無効にする操作はしていると思われます。

次に、プラグインAll in One SEO Packを削除してみることにしました。

削除後に、先ほどのmeta_descriptionが入っていた「meta_keyの値が_aioseop_descriptionのレコード」を参照してみると、All in One SEO Packを使って記述したmeta_descriptionはどれもデータベース側には残っている模様です。

プラグインを再インストール

All in One SEO Packを削除した状態で該当するWebページをブラウザで表示させソースを確認してみると、All in One SEO Packで記述していたmeta_descriptionを含めたメタ情報は見当たらなくなっています。

ここで、プラグインを再インストールしてmeta_descriptionが復活するのかというのが気になるところです。

データベースが残っているので、作成したメタ情報も再度有効になってくれるとありがたいのですがどうでしょう。

WordPressのプラグイン設定で、All in One SEO Packを再度インストールしてみました。

実行してみると、結果は見事にmeta_descriptionが復活してくれたようです。

投稿ページの編集画面では、以前に記述していた内容がそのまま復元され、更新操作後にブラウザで確認したところソースからも<meta name=”description” content=・・・以降の場所に以前に入力したmeta descriptionが復活しているのが確認できました。

今回のテストでは、プラグインで記述したmeta_descriptionはSQLデータデータベース内にしっかり保存されてるのが確認できたのと、プラグインを削除した後でもmeta_descriptionはデータベースのレコードとして残っていて再利用ができるらしいというのが分かりました。

しかし、ここで注意しなければならないのはWebサーバーの仕様や環境はそれぞれ異なりますので、今回のテストがすべてのサイト運営者に該当するかは分かりません。

また、プラグインを削除したりデータベースを直接操作する際にはバックアップを忘れずにとっておくことも重要でしょう。

出先でアイキャッチ画像を作成したい

スマホでアイキャッチ

ネットにアップする記事を作成するのにポメラを持ち歩くのが専らのスタイルになりつつあります。

そこで最近気になってきたのがパソコンに頼らないアイキャッチ画像を作成する方法はないかということ。

PCが無くてもアイキャッチを作成したい

今のpomeraを用いたコンテンツ作成だと、テキスト文をpomeraで書き上げて、自宅に帰ってからPCを使ってテキストデータの転送と、画像の挿入を行うというものです。

これらの作業も、WordPressのアプリを利用、あるいはスマホのブラウザから済ませてしまうことが出来ますが、写真データが準備できなかった記事のアイキャッチ画像は、作成する際に自宅に帰ってからパソコンに頼ることになってしまっています。

時間がかかる画像の加工なども日中に済ませようとすると、ノートPCを持ち歩くことになるため出かける際に荷物が重くなりフットワークが悪くなります。

なにより、すでにノートPCを持ち歩かない習慣が付いてしまっているので、ここはPCを使わずスマホでアイキャッチ画像を作成できないか検討したいところです。

アイキャッチ画像作成に必要な条件

Webサイトを立ち上げた数年前まで、個別のページに対してアイキャッチを作成する習慣はありませんでしたが、AMPページを作成したい場合や関連ページの表示には、アイキャッチは必須といえるまでになってきています。

そんなアイキャッチをモバイルアプリで作成するに当たって必要な条件は、予めデザインを済ませた背景枠を読み込めること、簡単に作画を済ませるためにパーツとして準備した画像データが挿入可能なこと、文字や矢印などの追加編集が容易にできること、などが上げられます。

要は、これらの操作に特化した単純なイラストアプリを導入すれば良いのですが、作画アプリ全体が単純な仕様でないことが多いようです。

Androidアプリ「ibisPaint」

これからしばらくの間、モバイルでのアイキャッチ作成に試してみたいと候補に上げてみたのは「ibisPaint」というAndroid端末用お絵描きアプリです。

イラスト作成というよりアニメ画像(二次元と表現した方がよい?)作成に使うユーザーに評価されているアプリのようですが、上に書いた私のほしい機能は、ほぼこなすことが出来そうです。

今まで、WindowsPCに頼りきりだったアイキャッチ画像の自作ですが、モバイル端末のアプリで済ますことができれば、記事の作成から投稿まで全て帰宅前に仕上げることが可能になるでしょう。

今どき、PCを使わないクリエイターなど珍しくないでしょうし、この課題をクリアできればWebでの自己表現がもっと捗りそうです。