自転車TOP>>|2|

自転車の組み立て:その2

ここからはリヤブレーキとハンドルを付けていきます

シートポストシムの取付け

シートポストスペーサー

フレームとシートポストを固着させてしまっているのでフレーム側の錆を落とすのに少し内側を磨いているのと、固着したシートポストは引き抜くときに傷だらけになってしまったので、この際サイズの細いシートポストに交換するためスペーサー(シートポストシム)を使います。


700cトランスファーを使用

700cトランスファー

このフレームにもともと装着されていたのはカンチブレーキでした。今回はVブレーキを使用しリムを700cにするためにこの部品を使います。ブレーキレバーは当然ロード用のものが使えなくなりますが、これも専用レバーで対応します。


リアブレーキ

リヤブレーキ

後輪側のブレーキは、escape-R3の純正Vブレーキを使っています。以前、エスケープのフレームを所有していた時に取り外したもので、一応ショートタイプのVブレーキなのでロードバイク化には適しているようです。


ドロップハンドル

ドロップハンドル

ハンドルを取り付けると、だいぶ自転車らしくなってきますね。


正面から

コルナゴハンドル

ハンドルはヤフオクで手に入れたCOLNAGOのハンドルバーでCOMPACTという形状らしいです。私的には、こんな今どきのドロップハンドルを付けてみたかったんですよね。


自転車TOP>>|2|

【おすすめコンテンツ】