サドルの交換はフレームの歴史【VELO】

VELOのサドル

サドル交換の歴史は、その自転車の歴史を物語ります。
やや大げさですが、長年同じ自転車を所有していると安物のサドルにもその時代により新しい設計というのがあるようで、ある時のモデルの用に作られたサドルは年数が経過すればフレームと同じように型番が廃止され新しいモデルが採用されます。

長年おつき合いしてきた、この「なんちゃってロードバイク」に何度目かのサドル交換の時期がやってきました。たぶん、3度目か4度目くらいで所有歴から考えれば少ない回数ですが1台の自転車としては多い方でしょう。

「VELO」というブランドのサドル

私が選ぶサドルも交換の度に質感は上がっていると思いますが、まだ本格趣味の域には達していません。なんせ、上級者のレベルに達するほどに硬く痛みを伴うパーツですからサドルには個人の趣向が現れるといっても過言ではありません。

調達したVELOのサドル
VELOというブランドのサドル

サドルの細長い先端部分

自転車の達人たちはこの先端が細いモノをチョイスするようです。

後ろの部分

こちらが後ろの部分、GELと書いてあるのでゲル入りのサドルのようですがこのコンパクトな形状からは効果を期待してはいけません。

上から見た全体

近年のモデルは身体的な負担を軽減するため、このように中央に溝があったり凹んでいたりするものがが多いようです。

サドルの交換作業

古いサドルの全体

これが表面に破れが生じてしまった古いサドルです。2~3年の使用でした。

古いサドルの取り付け位置に印

交換前のサドルがついた状態で下側の金属ロッドの固定位置に印を付けておきます。

新旧サドルの比較

取り外した使用済みのサドルと新しいサドルを並べてみると、新しいほうが全体的に細いです。
達人たちには嬉しい仕様ですが、上半身の体重が分散しにくくなるため「なんちゃってサイクリスト」にとっては少々難ありとも言えます。

裏向きに並べて比較

次にひっくり返して、シートポストに固定する部分につけた目印を新しいサドルの方にもつけました。
左の古い方には錆が出てしまってますね。

取り付け後の写真

作業完了後の写真は、サイクリング先でと考えていましたが、今年に入って初めてのサイクリングだったため思いのほか「尻」に痛みを感じたのと、この日が猛暑日だったこともあって途中で自転車の写真を撮るのをすっかり忘れていました。

お気に入りのサドルを継続したい

当初、サドルの劣化が見受けられたとき現状に不満がなかったことから今までと同じ製品を購入したいと希望していましたが、なんと前回のサドル購入店舗がママチャリ中心に路線変更してしまい。我が「なんちゃってロードバイク」に相応しい庶民派ロード向けパーツの扱いがなくなってしまったのです。

この件は、甚だ安定志向な私にとっては重要な問題の発生です。

今回のサドルはフリマアプリからの購入となったわけですが、今年初のサイクリングで痛みを感じた理由は、このサドルの形状なのか堅さなのか、あるいは長い距離ではないからパッド入りのインナーをはかなかった(レーパンはくほど本気サイクリストではない)ためか原因が分かりません。

サドルは、ハンドルとペダルに同じく自転車に乗っている間は常に身体と接する部分で「なんちゃってロード」と言えど、走行目的なりの拘りは持ちたい部分であります。

このサドルなら苦痛を感じずにある程度の距離を走行できるという言わばお気に入りのサドルを一つ決められれば、次の交換時にもそれを調達して交換すれば良いのですが、いかんせん自転車に関してはビギナー思考から進展することがないため、交換時にはどのブランドのこのグレードのサドル選ぶといった選定条件がなく。毎度シートが破れたら、ロードバイク用の形をした無難なサドルを選ぶようになってしまいます。

これは、所有歴の割にいつまでも本格派サイクリストになれない自分が負わなければならない引き替え条件なのかも知れません。
サドル交換後の痛みの原因は分かりませんが、いずれにしても新しいサドルに慣れるまでは(あるいはずっと)パッド入りのインナーは必須となるようです。

フロントフォークが105のキャリパーブレーキと合わない事態【BOMAボーマ_オフセットブレーキシューケース 】

マウンテンバイクに使用していたフレームでドロップハンドルを装着するには使うブレーキレバーによってはロードバイク用のキャリパーブレーキに変更する必要があります。
フレームのレストアをするにあたりロードバイク用のブレーキを取り扱うのは初めてです。もちろんロード用のフロントフォークの装着も今回が初になります。

フォーク長の微妙な違いでショートアームじゃ届かない

レストア作業が終盤にかかった頃、いよいよタイヤ付のホイールをフロントフォークに合わせてみることになるのですが、ここで初めてフォーク長が長めのフロントフォークはショートアームである105のブレーキには合わないことに気が付きました。
これがどんなに頑張って調整してもリムのブレーキシューが当たる部分に届きそうにありません。

たぶん、この中古フロントフォークはフラットバーロードあたりの32cなど太めのタイヤを装着できる自転車用に作られたものではないかと思われます。
ざっと検索してみるとフラットバーロードでもキャリパーブレーキを装着している車両はあるようで、この場合はロングタイプのブレーキを付けるようになるのでしょう。

なるほど勉強にはなりましたが、車種による微妙なサイズの違いなど細かい部分まで気づくはずもなく。コラム径さえフレームに合っていれば問題ないはずでしたが、ここは改善策を考えなくてはなりません。

BOMAオフセットブレーキシューケースは救世主

フロントフォークはヤフオクで手に入れた中古でした。シマノ105のブレーキは新品を用意していて出来れば105は今回ぜひ試してみたいパーツでしたので外せません。
買い替えるならフロントフォークになりますが、フォーク長が詳しくわかるものを手ごろな価格で入手するのは難しく、しばらくネットを彷徨っていると良いものがあるではありませんか。

BOMAから出ているオフセットブレーキシューケースと呼ばれるものです。

BOMAはフレームのメーカーだとばかり思っていて、しかもあまりメジャーなイメージはありません。ホームページを見てみるとハンドルやホイールなどのパーツも出しているようです。今回のブレーキシューケースもTH-SCという型番で似たようなものが載っていますが同じものかどうかは不明です。

私が購入したサイトでは5mmのオフセットが可能と書いてありましたが、公式サイトの表記は最大7mm移動させることが出来るとなっていますので、2mmの違いは新しく出た改良版かもしれません。

BOMAオフセットブレーキカセット
FORWARD_BOMAと書いてあります

シマノ105と並べたBOMAのフネ

左側:BOMAのブレーキカセット(公式サイトではoffset brake cassetteとなっていました)右:105の舟(通称フネと呼ばれているようです)を並べてみました。

完成後のアップの写真がありませんが使用に問題はありませんでした。念願の105装着で右ブレーキはシマノのSTI(初心者向け用8速)が使用可能になり「なんちゃってロード」の実現に大きく貢献してくれたパーツになりました。

シートポスト固着問題を解決後にフレームが緩くなってしまったとき使うパーツ「BSP-97」

緩くなったシートチューブ

自転車のクロモリフレームとアルミシートポストの組合せでよく起こる固着の症状ですが、マウンテンバイクから変身した私のなんちゃってロードもレストアする前にはフレームにシートポストがガッチリ張り付いていました。

フレームの素材はクロムモリブデンかどうかは分からない微妙なグレードであるのでそこはネットの情報と異なるところです。

固着から開放されたシートチューブは

レストア中のフレーム

例外なくネットの情報により無事破壊ができたシートポストですが、その後少々問題ができました。

固着したシートポストを剥がす際にフレームの内側は多少傷んでしまったことは想像できます。
さらに、そのシートチューブの錆を落とす為にヤスリを使ったことは自分では適正な判断だったとも考えていますが、健全なフレームの状態とは違うものになったのは間違いないようです。

レストア後に使用したシートポストはサイズが細いものでしたのでシートポストシム(29.2mmから27.2mmのサイズへ変換するもの)というものを使っています。

参照:自転車の組み立て:その2

このパーツのサイズ選定によっては緩みが回避できるのかもしれませんが、こういった素人が測定できないほどの微調整というのは上手くいかないのが常です。

シートに体重をかけると下がるシートポスト

予想通りではありますが、レストアが完成した後にシートポストがクランプで固定しきれず乗車中に徐々にすべり落ち、下がってしまう症状があります。

 

強めにクランプを締め込んでも効果は薄く、シートチューブの受けの部分を痛めるだけのような気もします。

緩くなったシートチューブへはこのパーツ【ポストフィクス】

BBBのポストフィクス

そんなとき、ネットで見かけたこのパーツですが当時は用途についての解説を見つけることができませんでしたが、シートポストのずり落ちに悩んでいた私にはこのパーツの使用目的がすぐわかりました。

現在販売サイトでは、ちゃんと「シートポストの滑り止め」と書いてあります。
ポストフィクスというパーツだそうです。メーカーはBBBで型番が「BSP-97」になっています。

このパーツを装着後にはシートポストが下がることもなく極めて安定しています。
クランプを無理に締める必要もなく悩みはスッキリ解決できました。

その後、サイクリング中に症状が再発することもなくシートの高さは適正に維持されいていて快適に過ごせています。

ガチの自転車乗りにはメジャーなパーツかもしれませんが、こんな便利なものがあるとは知りませんでした。
これが無ければレストア後の自転車ライフは快適とは行かなかったことでしょう。