男が満足するときBlog

小さな満足の積み重ねが大きな結果につながる

名前がおいしそうな店「ワイン屋もちぶた亭」へ入ってみた

time 公開:2017/12/02 refresh
名前がおいしそうな店「ワイン屋もちぶた亭」へ入ってみた

街を歩いていてみつけた美味しそうな店、その外観があまりにもお洒落だと、なんとなく入りづらい気がします。

しかし、お店のネーミングから出される食事の美味しさが想像できたら、いつか遠慮する気持ちより中に入りたい気持ちが勝ることでしょう。今回は、そんな豚肉専門料理店へ行ってきた話です。

広告

店の名前は【ワイン屋 もちぶた亭】

場所は今回も仙台市の街の中です。一番町の商店街で気軽にワインなんかが飲めそうな店はないかと探し歩いていたときに見つけたお店です。

ワイン家もちぶた亭というお店

焼き鳥とワインの店など他にも何件か気になる店があったうちの一つが「ワイン屋もちぶた亭」。他の良さそうな店も含め、この辺は人通りが多くどこの店も混んでてうるさそうな雰囲気でラーメン屋と同じ感覚で気軽には入れそうにありません。

この手の飲み屋は、開店直後の静かな時間に行ったほうが落ち着いて食事やお酒を楽しめそうなので、平日の早い時間を狙って出直すことにしました。

その後、たまたま昼近くの時間にワイン屋もちぶた亭の前を通りかかると、どうやらお店は昼からやっているようです。調べてみると、ランチタイム、カフェタイム、ディナータイムとそれぞれメニューがあってワイン屋という名前のわりに昼から入れるようです。

そうと知ったからには、店が落ち着くであろう昼下がりの時間を狙って早速行ってみることにしました。

意を決して憧れの「もちぶた亭」に入ってみる

こんなとき、平日に休みがある会社に勤めていることはありがたいことです。たいていの飲食店はランチタイムの終わりから夕方の時間が空いていて入りやすいと思われるので、今回は15時頃にお邪魔することにします。

そして待ちに待った平日の休日がやってくると、お目当てのワイン屋もちぶた亭の店の前へと向かいます。

入店前に、少し店の様子を伺おうと表に出ている「御品書き」やディスプレイを眺めたりしますが、ちょうど手前の客席と店の玄関の間にワインの瓶を並べた棚があって店内の様子は分かりづらくなっています。とはいっても昼の時間を過ぎても混んでいる店っていうのは超人気店のはずなのですぐ区別できるはずですし、ここは迷わず店内へ入ることにします。

昼からワインを注文する

店に入ると、他に食事中の客が数名いますがやはり混んではいません。

入ってすぐにある4人掛けのテーブルへ案内され早速料理を注文することにします。私が下調べをしていたスペアリブは店頭のサンプル品で見ると、やたら大きなものでしたので予定を変更し「もちぶたと季節の野菜のグリル」という品の良さそうな豚肉料理とグラスワイン(赤)を頼むことにしました。

ちなみに、ここのランチメニューはとんかつがメインのようですが、昼からのんびりワインを飲みたい私には向かないものでしたので今回は一品料理とグラスワインで上品に楽しむことにします。

豚肉と一緒に頼んだワイン

注文した料理はやや時間がかかるとのことで、先にワインを持ってきていただきました(一緒にしてくれと言えば良かった‥)。

ワインには特に拘りもなく気分でイタリア産のサンテスなんてのを選んでます。

もちぶたと季節の野菜のグリル

季節の野菜ともち豚のグリル

やや待ち時間のあと運ばれてきた「もちぶたと季節の野菜のグリル」は写真で見た以上に鮮やかな盛り合わせです。

料理の名前にある季節の野菜はカボチャやキノコが使われていました。「季節の‥」となっているので時期によって中身は変わると思われます。

柔らかいもち豚のグリル

主役の豚肉はとても柔らかく旨味が感じられる味です。横に柚子胡椒が添えられていましたが、すでに胡椒がふんだんに振られているので2、3切れ味見する程度につけてみました。

このお店で使われている豚肉は同じ宮城県の大河原産のものだそうで、もち豚という肉を初めて食べましたが筋っぽくなく柔らかい印象です。食感は「もっちり」のほかに「ふんわり」も当てはまるかなと感じました。

そして、このお洒落なお店で実際に食事をしてみての感想ですが、ランチメニューのオススメがとんかつ定食なので、それほどかしこまった店ではないようです。

個人的には、今回のように肉を使った一品料理に一杯のグラスワインで楽しんでくるのもありかなと思っています。

広告






サイト情報

カウンタ



アーカイブ