男が満足するときBlog

小さな満足の積み重ねが大きな結果につながる

AMP対応後にアクセスカウンターを置く意味

time 公開:
AMP対応後にアクセスカウンターを置く意味

当サイトをAMPに対応させるまでに他のAMP化されたWebページを閲覧する機会がありましたが、その中でアクセスカウンターを設置しているサイトはほとんど見かけませんでした。

PCやスマホ向けのページでさえ設置しているページが少ない中、AMPページとなるとアクセス数の表示は求められないようです。

広告

減り続けるカウンターの設置

調べ物などで、よそ様のサイトを拝見していて分かるのが、アクセスカウンターを設置しているサイトはほとんど見かけなくなりました。

私が独自ドメインでWebサイトを運用し始めた数年前には、たまにみかけることがりましたが、今では訪問者数を表示するカウンターを設置しているブログなどは探すのも大変なほどです。

SNSのシェア数を表示しているページをたまに見かけますが、数を意識して表示しているというより使っているテーマにデフォルトで装備されていた機能をそのまま使っているという方が多いのではないでしょうか。

そもそも、信頼性に欠けるコンテンツは検索エンジンで上位表示してもらえなくなっているので、ことさら自分のサイトのアクセス数をページ上に表示する必要はないようです。

流入はほとんどがAMPページへ

このブログも世に遅れまいとAMPを導入したところですが、WordPressでプラグインを使いAMP化すると従来から表示していたページの他にAMPページが動的に生成されるようになります。

今や検索エンジンからの訪問者の半数以上がスマホですので、当然AMPページへのアクセスが多い状態が引き起こされます。

よって、アクセスカウンターもAMPページに設置しなければセッションをカウントしてくれません。

だからといって、AMPページにカウンタを置いてしまうのもせっかく表示速度を向上させた仕様のページに負荷を与えるようなものでしょう。

そもそも動作しない?

AMPページの特徴として、作成したAMPページを直接ブラウザから読み込んで表示したページと、検索結果でCDNから配信され、それによって表示されたページは必ずしも同じとは限らないということです。

当サイトが採用しているアクセスカウンタについても、ブラウザの表示で数字が更新されているからといってCDNへアクセスしたユーザーも正確なアクセス数が読みとれるかは、実際に検証してみないと分からないことでしょう。

直帰率を下げることができればAMPページからカウンタのあるページへ来てもらえることになるのでしょうが、それはカウンタの有無以前にサイト運営における重要な課題です。

それでも継続?

思えば、モバイルアクセスを考慮したレスポンシブデザインが各サイトで導入され始めた頃からアクセスカウンタの設置は減少し始めたようにも感じます。

当サイト(ブログ)はちょうどその境目の頃に開設し、当初はPCページのみの2カラムデザインのフォームでスタートしました。

年数の経過とともにスタイルは変わっても、わずかながらに積み重ねてきた数字のことを考えると、このカウンターを簡単に取り去る気にはなれないものです。

言わば、どこまで上り詰めたかの指標のようなものではないでしょうか。

そんなわけで、今の状況ではカウントは少ないままですが、この先もしばらく設置を継続してみようと考えています。



試しにこのページだけ表示してみました
https://danman.jp/blog/web-counter-amp/amp

広告






サイト情報

カウンタ



アーカイブ