男が満足するときBlog

小さな満足の積み重ねが大きな結果につながる

電車に乗ったらそこはランナーズワールドだった!

time 公開:2016/05/08 refresh
電車に乗ったらそこはランナーズワールドだった!

連休期間中に患った仕事ボケをなんとかしたいと、今日は朝から電車で出かける事にした。JRの駅まではバイクを使い、車両に乗りこんだのは6時10分頃。駅のホームへついた時に普段よりも座席に座っている人が多いのに気がついた。
昨日の人の動きから判断して、今日まで連休の人はごく少数で、在来線なんて地元の人しか乗らないはずなのにどうしてだろ。
そんなことを思いながら、空いてる車両に乗りこんだ私は直ぐに事情を察した。どうやら何処かのマラソン大会に出る人が何人か乗ってるらしい(ぱっと見た感じで全部の車両で20 人以上は乗ってそう)。皆、カラーリングが綺麗なシューズを履いていて、薄手のウェアを着て軽そうなバッグを背負ってたりしいる。目的がはっきりと分かる格好だ。

広告

どんどん増えるランナー

心地よい晴れの朝に電車は出発し、私はタブレットをバッグから出し別な記事の下書きなんぞをコソコソと始めた。乗った電車は各駅停車なのだが、駅で止まるたびに次々とランナーが増えつづける。
もしかしてあの大会かな?

朝から泣きたくなる男

乗った電車は仙台行、そして仙台駅へ着く頃にはランナーだらけ、どうやら間違いなさそう。

これ→仙台国際ハーフマラソン大会

毎年連休絡みの大会日程なんでしょうね、私が目を着けてない大会はそうです。
やがて電車は仙台駅へ着き、私はお気に入りの東口の店でコーヒーを飲むことにしました。
会場へ向かうランナー
店の窓から外を見ていると、駅から会場へと歩く沢山のランナー達。
この人たちには、精神的、身体的な不安はないことだろう(あっても少ないでしょうね)。共通してスタイルが良くて、身軽で、私が欲しい目には見えない何かをきっと持っていることでしょう。
風そよぐケヤキ並木をさっそうと会場へ向うランナー達。今ここを歩いている人は重い腰なんて言葉は使わないでしょうね。
この時期、毎年そうなんだけど世の慣習みたいなのに影響されすぎて自分の生活スタイルを見失いがちになる。今日、大勢のランナーを見かけて、自分が望む理想から離れ過ぎつつある事に気がついて軽いショックを受けた。

世の中は連休ボケ、私は仕事ボケ

私は自分で走ることはあっても、他人の走りを見ようとは思わない方なので、帰りの混雑に遭遇しないように早めに帰ろうと思います。
少し調べてみると、ゲストランナーは高橋尚子さんとのこと。この人たちはQちゃんと一緒に走れるんですね。中には、早速仮装して歩いている人もいます。
走る趣味も楽しみ方はいろいろ、これから自分への挑戦が始まる人、大会の雰囲気を楽しむ人、会場へ向うランナーを見て仕事続きの石頭から開放される良い刺激に出会えたようです。

関連記事

虹に向かって走る俺-ついてんじゃねえか
そうだジョギング日記を書こう!少しはやる気になるんじゃね?
膝に傘を挟んでパン食う女と8月の列車

広告






サイト情報

カウンタ



アーカイブ