男が満足するときBlog

小さな満足の積み重ねが大きな結果につながる

近くの道の駅をレポートする:道の駅安達上り編

time 公開:2016/03/12 refresh
近くの道の駅をレポートする:道の駅安達上り編

男が満足するためには、休日は思い切ってどこかへ出かけましょうという趣旨でブログやってますが、それらしい日記が少ないのが当ブログの特徴でもあります。そんなことで今日は頑張ってきました。いきなりカレーの写真でしたが、前回の下り編に続き上り車線側です。
近くの道の駅をレポートする-道の駅安達下り編
この道の駅は、私の家から約23キロ、車で35~40分程のところにあります。
家を出る時に車のフロントガラスに霜がビッシリ付いてました。どうやらマイナスの気温だったようです。
ざくざく汁
今日は朝からカレー、もちろん道の駅に着いてからの食事です。カツカレーの隣にあるのはざくざく汁というもので、この辺の地元料理のようです。早速、下り編へ訂正を入れなくてはなりません。代表的な地元料理がありました。どうせなら”イカニンジン”(検索してみてね)もだして欲しいところと思います。
場所は国道4号線沿い二本松市ですが、だいぶ福島市よりの場所です。というか隣の敷地は福島市のようです。所在地は二本松市下川崎となってますが、隣接している福島市側の地名も同じく下川崎?です。
もともとは、こちらの上り車線側だけでして下り車線側ができたのは震災後で、ここ2、3年のことです(2016年の記事)。
二本松市道の駅安達
下りと同じく”智恵子の里”と書かれています。
道の駅安達テント
大きいテントがあって建物の写真が撮りづらいです
直売所
ここの施設は、食堂、コンビニ、トイレ、野菜の直売店?、アイスクリーム屋と、それから二本松市和紙伝承館なんて言う素晴らしい施設があります。
和紙伝承館
今日は、天気が良かったので山が綺麗えるかと思ったら雲がかかってました。
安達太良山
それと、前回下り編を書いたあと高村光太郎をキーワードで検索で来られた方がいらした様ですが、あまり詳しいことはかけてませんでした。妻、高村智恵子の出身地としては合併前の地名”安達町”のほうが話が通ると思うので、気になる方は”高村光太郎 安達町”で検索すれば少しマニアック(また表現が悪いか?)な情報に出会えるかもです。あと、二本松市の売りは「あどけない話」の”ほんとうの空”です。繰り返しますが、一緒に検索するのは合併前の地名”安達町”です(我ながら、ここまで紹介できるのは優秀かも)。

広告

安達太良山の写真を追加

月末に天気の良い日があったので写真を撮り直しました
道の駅から安達太良山
左側のスキー場みたいなのがある場所の上がちょこっと尖って出ていて、そこが安達太良山の山頂になります
安達太良山山頂
この日は昼過ぎだったので空が白っぽく見えます、山を撮るなら冬の澄み切った朝が良いのでしょうか?

広告






サイト情報

カウンタ



アーカイブ