男が満足するときBlog

小さな満足の積み重ねが大きな結果につながる

俺は大人の男なんだが風邪をひいた【予防とか対策とかどうすれば良いのか】

time 公開:2016/06/02 refresh
俺は大人の男なんだが風邪をひいた【予防とか対策とかどうすれば良いのか】

風邪をひいたら「たまご酒」が良いとかよく聞くけど、卵は良いとして体が弱っているときに酒はどうなのだろう?

加熱の段階でアルコールは蒸発するから問題なさそうな気もするが、いくら具合が悪いとしても、はたしてアルコールが飛んでしまった酒は砂糖水的なイメージがないだろうか、なんていうか高カロリー飲料って感じしない?まさに濾過した米汁じゃあないでしょうか。

あまり目にしたことが無いので色々言いますが、使う量を考えれば問題ないものなのでしょうね。

それより、酒は嗜好品的なイメージがあるので”酒は百薬の長”とは言ってもなんだか疑ってしまいます。もっとハッキリ言うと「見た目も味もミスマッチなので俺は飲みたくない」と言うことでございます。

こんな私は風邪ひいてても優柔不断さが全開!表向きは常に慎重な男で通しています。

風邪をひいたら目玉焼き

そんなことで、今日は目玉焼きなどを作ってみました。2個は多いんじゃねとか思われますが、1個は白身を生のまま飲みました(白身の中には過熱しないほうが良い成分があるらしい:ホントかね?)。

でもさ、卵と酒を別々で摂取しても効果があるのだったら世のお父さんたちは風邪を恐れる必要がなくなります。

広告

私が風邪をひくたびに考えてしまうこと

いい歳になったら風邪はひかなくなるものだと思っていたのが結構喉が痛くなったりしてしまうものです。でも正直、若い頃と比べると鉄人と言っても良いほど罹らなくはなりました。

しかし、いったん風邪をひいてしまうと長引くのは今も昔も変わらずで、この辺は個人差なのか思っています。まずは、予防が大切だとつくづく思いますが今の時期は流石に不意打ちでしょう。まわりに同じ症状の大人が居たのでその人達からうつったのでしょうね。

風邪のここが納得いかない

風邪をひいたら、暖かくして早めに床に就くのが良いのもよく聞く話です。

しかし私の場合、カゼの初期症状を自覚してから普段より睡眠時間を長くとっても、朝方に喉の痛みが悪化していることが多く、私にとって風邪を治すことと床に長く就くことは完全に無関係。

とことん、症状が出尽くさないと良くはならないようです(だからと言って無理もしませんが)。

皆が言う、あれを食えばいいとか汗をかけば良いとかを色々試しますが効果があったものは何だったか記憶にないということは、全て効き目がなかったのだと思います。

一番ダメだったのが、ニンニク食えば抗菌作用とか体力増強とかで早く治るんじゃねと考えてニンニクを食べたら、症状改善できず結局は医者にかかることになり、喉を見せる際に思い切りニンニク臭を医者に浴びせたとうことがありました(やっぱりひいちゃってからは無駄)。

結局風邪で処方される薬は

やっぱり毒だよね?(←こういうこと真面目に言う人はやっぱり変わり者ですので、このことは内密にお願いします)以前、テレビかなんかで医者が風邪薬を飲まないと聞いたとき、やっぱりなと思いました。自然に治すのが一番なのでしょう、ただし、医師と一般人は流行り風邪に対しての耐性みたいなのが違うでしょうね、なんだか面白くないです。

具合が悪いのに体重が増えるとかシャレにならん

たかが風邪とはいえ無理をすると良くないのは常識ですが、高熱があるとか極度の胃腸障害があって大変だとかいう以外は体力つけるのに栄養があるものをとりたいものです。しかし、いい感じの大人の場合は適度に済ませないと腹回りを増幅させることになりかねません。

かぜの症状をこれ以上悪化させないためにも、食事はキッチリとりたいものですが代謝が盛んではない人はエネルギーが体内に蓄積されてしまい体重の増加を促進してしまいます。

ほんの数日でそんなことは無いだろうと思われそうですが、私の場合は数日から1週間でも効果ありで本当にシャレになりません。

風邪の初期症状がでたときにウエイトを気にして空腹で過ごすのもどうかと思われるので、この辺はやはり日ごろの生活習慣で少しぐらい体重が増えても余裕な体形を維持していくしかないのでしょうね。

独自の予防策で効果が一番あったことは

私が、あまり風邪をひかなくなった頃始めたのは手洗いです。と言いたいところですが、手洗いと言っても私のやる手洗いは家に帰ったら、手を水で軽く流す程度で石鹸などは一切使いません。それより、「うがい」をあまりしなくなりました。

ある日に私は、「風邪は気に入らないものなので何としても排除したい」と思い、”うがい”を徹底的にやった時期がありましたが、うがいを徹底的にやることに対して問題はなかったのだと思います、いくらなんでも、”ウガイ”のし過ぎくらいは自分で気づくでしょう。

ところが、うがいを徹底的にやっても他の対策と同じく私には効果が見られず。いつも通りMAXの症状へと展開していきます。

そのときは、それであまり深く考えなかったのですが、そんなことがあった次の冬に、そのことを思い出しうがいを一切しないで過ごしたらその年は風邪をひかずに過ごすことができ、その翌年も、そのまた翌年もウガイはしないほうが風邪の予防に効果がありました。

どうやら私は極端に喉が弱かったようで、そのことに気が付いてからウガイよりも、外出の際には必ず首の周りをネックウォーマーなどで保温し外気にさらすことを避けるようにしなりました。

勘違いとか気休めにしても、効果が長いので間違ってるとしても良い自己暗示にはなっています。

そしてへそ曲がりの主義なんちゃってブロガーはその後

そんな私ですが今日は、冷蔵庫の中に長ネギ、玉ねぎ、ショウガと免疫高めるのにキノコとか良いんじゃねと言うわけで椎茸、それとヨーグルトなどが入っています。オレンジとビタミンCのサプリも完璧に準備。

「お前、上のほうに色々と効き目が無かったとか書いてるじゃねえか!」と言われてしまいそうですが‥。

やっぱり、何もしないで悪化するのを待つわけにもいかずというわけでして‥
全て、風邪をひいていることを理由に言いたいことを書いたということでございます。

お大事に(誰が?)、ご了承くださいませ。

広告






サイト情報

カウンタ



アーカイブ