男が満足するときBlog

小さな満足の積み重ねが大きな結果につながる

島耕作のカレーを食べてみた

time 公開:2019/12/06 refresh
島耕作のカレーを食べてみた

食べて楽しそうなネーミングのレトルトカレーを見つけました。

その名は「男の極旨黒カレー」、黒の商品箱はマンガで有名な島耕作の絵入り。

頑張るあなたには、勝負メシが必要だ。

といったメッセージが書かれています。

広告

男の極旨黒カレー【明治】

男の満足をテーマにしているこのサイトに実にふさわしいネーミングの「男の極旨黒カレー」。

「マカ」入りだそうで活力がみなぎってきそうです。

食べたら島耕作になれそう

島耕作の黒カレーパッケージ画像

商品箱(紙パッケージ)の表には島耕作が入っていて、いかにも食べたら島耕作になれそうな感じがしてこないでしょうか。

何の細工もなしにカレー食べるだけで島耕作気分になれるこの商品は働く男たちに夢を与えてくれるでしょう。

レトルトパッケージでレンジ加熱

この男の極旨黒カレーは最近よくあるレトルトの袋のままレンジでチンできるタイプ。

レトルトパッケージのままレンチン

島耕作になるのは仮面ライダーの返信よりも容易い模様です。

パッケージごとチンできると表現すると誤解されるためか「箱から中袋を取り出してください」と書かれていました。

世の中、いろんな人がいるため説明がご丁寧です。

ひじきと一緒「黒カレー×課長島耕作」

皿に盛った島耕作カレー

目安の加熱時間1分40秒を経て仕上がったのが、こちらのカレーライス。

白いご飯と皿が同化しないようピントを合わせたら、黒カレーの色ががいっそう濃さを増しました。

ひじきを添えた黒カレー

レトルトのカレーライスだけでは物足りないので、今回は色合いを併せて「ひじき」を添えてみました。

そしてお馴染みの半熟卵をトッピングです。

カレーの中の鶏肉

レトルトですので具は目立ちませんが鶏肉が入っていました。

スプーンですくった島耕作黒カレー

スプーンですくって見ても画像の通り私の腹の色とは逆にまっ黒。

この黒さが男のカレーの象徴といったところでしょう。

箱には中辛と書かれていて唐辛子マークが3.5の表記がされていて、辛いのが苦手の方は気をつけた方がよさそうです。

この男の極旨カレーは、外箱のパッケージから遊び心が感じ取れますが、こうした大人の男の興味を引く商品は嬉しいもの。

この島耕作パッケージは勿論、今後の展開に期待したいところです。

※記事にした「男の極旨黒カレー」は特別なパッケージで、通常パッケージでは島耕作は入っていないようです。

広告






サイト情報

カウンタ



アーカイブ