とうとう高級ティッシュの使い方が判明する~Kleenex至高

投稿者:

このブログは一点豪華主義を日記に綴っています(4月1日の練習)。そこで今回のテーマは高級ティシュー。
以前に軽く紹介していた記事がこちら
ティッシュがけしからん!‥そう思って早速
勢いに任せて買い込んだ、この高級ティシュー(ティッシュ)の使い道が今回の課題だ。
至高ティシュー
あらためてパッケージを見てみると、”ハイクオリティー フェイシャル ティシュー”と書いてある。まあ、顔用だと言っているのだと思うがメイク用にしては仰々しいパッケージだし、女性向けのパッケージではないのは分かる(ちゃんとメイクに使ってる人いたらゴメンナサイ)。それと、ティッシュと言ったらアレに使うんじゃね?とかいう人も居られると思うが、ここで詳しく話してよいのかどうか、ヘンナトコロを拭くには赤ちゃん用のおしり拭きが一番いいんじゃないのだろうか。問題は大人が本気で”お尻拭き”を使えるかだが、いかんせんティッシュは使った時にさ…なんかさぁー、   ペタッ
難しい話になってしまったが、このブログのタイトルは”男が満足するとき”で、今回は男がティッシュ使って満足しなきゃならねって記事なんですわ。私の中で使用用途については少しばかり解決済みでして紹介しますと次の通りです。
まずは”置き物”として使う。こんな高いティッシュは使うの勿体ないので高級感を漂わせる部屋のアイティムとして使う。来客があったときも、さも通常使われているティッシュかのように装い、ときには実際に使って見せたりする(実演してあげる)。
ということで、記念撮影で私の持ち物の中で自慢できるブランド物を‥‥と思ったのですが、ありました”dunhill”のキーホルダが、一点豪華主義を語るブログにしても物が小さすぎて、男としての小ささがバレバレもうやだ〜(悲しい顔)
クリネックス至高
ティッシュに飲み込まれていていて絵にならなかったです。
次に、私が考える本命がコレ
DSC_0259.JPG
メイク用だとすると男には使えないのですが、ハンドクリーム塗りすぎた後に使うティッシュとしてならどうでしょう?男でもハンドクリームは使いますし、手の水分や油気が足りなくなってしまった大人世代としてはハンドクリームはアリガタイもの、これからの空気の乾燥する季節にはもってこいの使い道!(もしかして俺って天才?)←実は括弧取りたい。
このハンドクリームは、まさにこの高級ティシューのために今回私が調達してきた”おフランス製”ノルディックベリーハンドクリーム。
ノルディックベリーハンドクリーム
これで大人の男もしっとりなめらかな手肌になれます手(グー)写真がちょっとヤラしいと思うのは私だけでしょうか。
ということで、いよいよ開封です。ドキドキしますね。
DSC_0261.JPG
噂の3枚重ねがこれ
3枚重ね
ペタペタと触ってみたのですが、シルクとカシミヤの中間くらいの肌触りかな、どちらも家にはないので比べられないのですが見た目はフェルト生地を滑らかにしたようにも感じます。
続いて、いよいよ MADE IN FRANCE のハンドクリームを豪快に使います。遠慮していると、高級テッシュの出番がありませんので豪快に行きます。実は”気持ちの小さい男”にはここが一番の難関だったりします。
このハンドクリームなんだかどこかで嗅いだことがある匂いがします。見た目はニベアと変わらないのに香はいいですね。そしてこれまた豪快にフキフキ!フキフキ!
うぉー 贅沢だー。
たかがティッシュだけど、これは人生で一度体験しておいたほうが良いハンドクリームの使い過ぎだな。これセレブ気分が味わえるから女性にもおススメだ(最終的にはやっぱりネタ用に使うのか)。
「そこのお姉さん、俺と一緒にティッシュ使って見ない?」ってな感じか。
いずれにしても、ちょっと良いハンドクリームを使い過ぎるのがポイント”使い過ぎっちゃった感”だ。そしてそれを惜しげもなく拭き拭き、カシミヤのような肌触りで遠慮なくフキフキ!をするのだ。んー、実に満たされる。
DSC_0262.JPG
そして、惜しげもなくクシャクシャにされた至高が↑コチラ。
この記事だけでブログの目的達成できたかのように、それほど今満足していいる。
これはさ、もっと使い道が開拓出来て世界が広がるかも。


【広告】