男が満足するときBlog

小さな満足の積み重ねが大きな結果につながる

ハーレーダビッドソンFREEDOMonTOUR試乗イベントへ参加してきた

time 公開:2018/06/30 refresh
ハーレーダビッドソンFREEDOMonTOUR試乗イベントへ参加してきた

ハーレーダビッドソンジャパンが主催するイベント「フリーダム・オン・ツアー仙台」へ行ってきました。

会場の夢メッセみやぎ

バイクに興味を持つ人ならハーレーの乗り味というのを一度は体験しておきたいものです。そしてバイクに詳しくなくハーレーがどんなものなのか知りたい場合でも、今回のイベントはそれらの望みを達成するのに絶好のチャンスといえるでしょう。

sponsored link

イベント会場は仙台市【夢メッセみやぎ】

今回のイベント会場は、以前にブログに書いた「レジェンド・オン・ツアー」の時と同じく仙台市にある夢メッセみやぎです。

私が参加してきたのは初日の6月30日。

入場受付

会場へは、仙台駅から仙石線で中野栄駅まで行き、そこから徒歩で歩くことにしました。

なお、試乗に必要なヘルメットとプロテクターは無料で借りれるので持参の必要はありません。

梅雨まっただ中の時期ではありましたが、天候は良好で熱中症が心配になるほど暑かったです。

一旦屋内へ入り受付でエントリーシートを記入後に試乗用のリストバンドを付けてもらいます。

免許証の確認をここで済ませますが、車両に乗る直前にもう一度提示を求められます。

V型ツインの鼓動を体験する

ハーレーのV型2気筒

試乗したモデルは、またしても「フォーティーエイト」今回はspecialというアップハンドルのモデルを併せフォーティーエイトを2回とローライダーに乗ってきました。

ノーマルハンドルのフォーティーエイト

最初に試乗したノーマルなフォーティーエイト


フォーティーエイトスペシャル

アップハンドルのspecial

どちらも乗りやすいですがspecialのほうがハンドルが適度にアップしていて、普通のクルーザータイプのバイクと同じ感覚で乗れます。

ローライダー

そして、初めて乗ったローライダーはハーレーらしい大排気量エンジンを搭載しているため加速時のトルク感がフォーティーエイトのものとは別物でした。

勿論ブレーキや足まわりも、よりしっかり作り込まれているでしょうが、1、2回の乗り比べとハーレービギナー目線という意味では何も気づけませんでした。

リストバンド

試乗回数は3回までと決められているので、その後は場内でトライクにも乗ってみたり展示車種を眺めたりのハーレー三昧で過ごしてきました。

会場には多数の展示車両

屋内の展示ブースには、同じ車種でもデザインが異なる車両など様々なハーレーが置かれています。

カウル付ハーレー

私はあまり興味がありませんが、大きな風防を備えた車種も置いてありました。

日本向けのパンフレットを見ると、必ずしも車体が大きな物を旗艦モデルとして売り出しているわけでもなさそうです。

試乗コーナーの顔ぶれなどを見ると、試乗を希望するバイクの大きさと年齢は比例しているようにも見えます。

最新モデルのハーレー

こちらもアップハンドルのフォーティーエイト

また、会場にある車両はほぼ最新モデルなのでハーレーユーザーにとっても楽しみどころが満載ですね。

きっとまた試乗してしまう

ミルウォーキーの刻印

無事試乗を済ませた久しぶりの大型バイクの乗り心地に満足したところですが、私がこううした大型バイクを自ら所有しないことには、いくつかの理由があります。

一つ目は機動性という面で、大型バイクはやや不便なところです。

二輪車は車体が大きいと行った先で小回りが利かずに、機敏な反応ができません。

二つ目は維持費です。真のバイク好きは気にしないものかもしれませんが、タイヤの値段が4輪より高額だったら結構な負担ですね。

三つ目には、大型バイク(特にハーレーなど)は車体が重いので自分でメンテナンスがしにくいです。
バイクに乗るほかにいじるのも好きならば重い車重にメリットは見いだせません。

以上の理由から私は現在大型バイクを所有していませんが、ハーレーダビットソンを含め大型バイクに全く魅力を感じないわけでもありません。
この先、重い車重や維持費、メンテナンス性が気にならないほどの余裕がもてれば購入に至ることもあるかもしれません。

試乗車のハンドル

そんな訳で、所有車種を大型から中型にサイズダウンした経験のある自分は今後もこのような試乗イベントの情報があれば、自分の価値観を見つめ直しながらもハーレーダビットソンの魅力を体感できるチャンスなので、きっとまた会場へ出向き乗ってしまうことでしょう。

【トライクも試乗】

ハーレートライク試乗体験記

【前回の試乗】

他人のデカい器を借りるHarley-Davidson Forty-Eight

sponsored link

【おすすめコンテンツ】

広告






サイト情報

メインサイト

男が満足するとき

主なテーマは‥

男も歩けば

食で満ち足りる

大切な習慣

気軽にフォローしてください
サンプル

カウンタ



アーカイブ