はらみ専門店で『牛、豚、鶏』を味わう

先日、街を歩いていたら「はらみ」専門の店だという看板を見かけたので入ってみることにしました。

店頭には炭火で美味しく焼かれているハラミの写真が貼られていますが、それがとても美味しそうに見えて期待してしまいます。

「はらみ」と聞いて想像すること

ハラミと聞くと焼肉屋のメニューによくある部位の一つだということは知っているものの、はたしてそれだけを食べて旨いものなのか気になるところです。

まあ、店の表に堂々と専門店だと書いているので味付けなどは問題ないことでしょう。

ただ、はらみというものが一般に好まれるカルビなどには及ばないであろうものの、その味や食感を一度覚えてしまえば、この先また食べたいと思い出して食べに行ってしまうほどの魅力があるのかないのか?といったところも興味があります。

「牛、豚、鶏」をそれぞれ食べてみる

当ブログでは、通りかかった飲食店の店の名前が気になり実際に入って食事をした記事などがありますが、今般気になったのは店頭に出ていた炭火で焼いたハラミの写真です。

炭焼きのハラミ「牛、豚、鶏」

お店は、「炭焼はらみ専門店福光」という名前の店で、仙台市内の飲み屋が並んだ通り(青葉区一番町)にあります。店に入ったのは夕方でしたが、酒をたしなむ習慣がないので定食を頼むことにしました。

牛はらみ定食を食べる

牛ハラミ定食

まず初回は無難に牛はらみを注文してハラミというものがどんな肉なのかを確かめることにします。これまでにも、焼肉屋では何度か口にしているはずですが全く記憶に残っていないハラミを真剣に味わってみます。

炭焼き牛ハラミを食べる

見た目は、普通の肉と変わりなさそうなので口に運ぶことには何の抵抗も感じません。まずは一口食べてみたところ食感も普通に肉そのもので、写真でもわかる通り脂身が少ないところが特徴のようです。

牛ハラミの皿

笹に盛られたはらみの横には白みそとゴマみそらしきものが置かれています。白味噌のほうが仙台味噌かと思いきや仙台みそは赤味噌だそうで、どちらも色的に当てはまらないので仙台みそではないようです。

味噌を付けた牛ハラミ

せっかくなので一切れ味噌を付けて食べてみましたが、そのままでも美味しく食べれるのでお好みでってところですかね。

ハラミ定食の麦飯

ご飯は麦飯が出てきます。
個人的には、もう少し麦の量が多くても良いかなと思いましたが店でだすには無難な割合のようです。

そして、メインの牛はらみの味はとても美味しく、コリコリしたり歯切れが悪かったりする印象は全くなく、ただ脂身の少ない肉を食べたといった印象です。

スポンサーリンク



豚はらみ定食と鶏ハラミの単品を注文

牛はらみに続いて豚はらみのほうは、日を改めて同じ店の別な店舗で食べてみることにしました。今度はJR仙台駅の東口から少し歩いた場所にある店舗です。調べたところ定食は同じメニューが食べれそうです。

豚ハラミ定食

豚ハラミは前回の牛ハラミと比べて色が白っぽいです。これはポークなどの他の部位やスーパーで見かける食肉の特徴と同じですね。

豚ハラミの皿

今回、皿の隅にのっているのは白味噌だけです。

箸でつまんだ豚ハラミ

豚ハラミも牛と同じく脂身は少なく、そのせいか少し筋っぽい感じがしますが食べづらくはありません。味も充分染み込んでいて麦飯が捗ります。

鶏ハラミ単品

この日は豚はらみ定食と一緒に「鶏はらみ」を注文しました。
「牛、豚、鶏」それぞれ評価するのに3度同じ店に通うより、結果を急ぎたい気持ちが先立ち、鶏ハラミは単品を頂くことにします。

箸でつまんだ鶏ハラミ

鶏ハラミは、牛や豚のハラミに比べてやや噛み応えがある感じですが、軟骨みたいな硬さや変な癖もないので食べやすいです。こちらも塩味が程よくしみこんでいて旨味があります。

これで「牛、豚、鶏」三種類のハラミを食べましたが、鶏以外は脂身が少ない肉といった印象です。

スポンサーリンク



はらみ定食に付く豚軟骨スープ

豚軟骨スープの具

牛ハラミも、豚ハラミにも定食にはスープがつきますが、中の具が何なのか想像がつきません。
牛タン定食に付いてくるテールスープに似たような見た目ですが、正体は「自家製豚軟骨スープ」でした。よく見るとテーブル横に「美肌!コラーゲンたっぷり!」と書かれてます。

食感がとろーんとしてて、ハラミよりもこちらのほうが独特の舌触りで食べるかどうかは好みによるようです。そもそも飾りなのかもしれませんし、合わない人はスープだけ美味しく頂いたほうが良いでしょう。

ハラミ定食の感想

今回食べた三種類のハラミは、どれも旨味が効いた味で美味しくいただくことが出来ました。

ハラミとは横隔膜なのだそうですが、実際に焼肉屋で出されるのは牛や豚が一般的なものでしょう。
今回食べた鶏ハラミはハラミ専門店ならではのメニューなのかもしれません。

鶏は牛や豚と比べて体が小さいので、今回食べた箸で一つまみ分が1羽から採れるハラミの形そのものなのでしょう。
牛や豚は体も大きいのでハラミは適度な大きさに切り分けれれて提供されていると思われます。

ハラミ専門店で他の肉を食べずハラミだけを味わう食事は結果的にとても満足がいくものでした。ぜひまた食べてみたいと思う味ですね。
次回、焼き肉店に行く機会があれば味の比較のため積極的にハラミを注文してみようと考えています。

【仙台食べ歩き関連】

名前がおいしそうな店「ワイン屋もちぶた亭」へ入ってみた

仙台市にて「マーボー焼そば」なる伊達な文化を食してきました