大阪王将 餃子ふりかけ【大森屋:鉄ラー油風味】

手間もお金もがかからず、簡単で美味しいものが食べたいと考えていて思ったのですが、最近「ふりかけ」というものを口にしていませんでした。

赤いパッケージに餃子の写真

そんなわけで出かけたスーパーの「ふりかけ」陳列スペースで「ふりかけ」のパッケージに大阪王将の文字が入っている商品を見つけました。

大森屋 餃子ふりかけパッケージ

興味津々で手に取ってみると商品名は「餃子ふりかけ」となっていて何やら旨そうで怪しい予感がします。

周りの商品をみると、定番の鮭やのり玉などのほかに変わり種の商品をいくつか見かけますが、自分的にはこの「餃子ふりかけ」を買わずには居られなくなってしまいました。

餃子味のふりかけ

家に帰り商品の袋をチェックしてみると、裏面にはなにやらソソる文句が書いてあります。

肉と野菜の旨味が詰まった本格的な餃子の味わいと、ピリリと辛い鉄ラー油風味が楽しめるふりかけです。

とのメッセージが記載されていました。

続けざまに「餃子の焼き目が香ばしいパリパリフレーク入り」だそうです。

たまりませんね。

なお、販売者はふりかけ大手の(株)大森屋です。

餃子ふりかけの中身

食べる前に、皿に移してみました。

ぱっと見、鳥の餌かと思いましたが、ふりかけは全般的に鳥の餌に似ていますね。

薄茶色に見える板状のものがパリパリフレークでしょうか。見ているとご飯が炊きあがるのを待ち切れません。

餃子と並べてみる

ご飯の上に載った餃子ふりかけ

ご飯に書けてみると、ふりかけも焼き肉など色んな味があるので餃子味だと言われなければ分からない見かけではあります。

餃子も一緒に並べる

餃子ふりかけご飯と餃子

ご飯の上の餃子ふりかけ

餃子味なので区別が付かなくなりそうですが、演出として餃子を添えてみました。

とりあえずは「ふりかけ」の味に納得してから餃子は後半に食べることにします。

箸で摘んだ餃子ふりかけ御飯

さて口に入れての感想ですが、スナックがしに似たような香りの味があったような気がしますが詳しくは思い出せません。

咀嚼しているうちに辛みを感じますが、激辛ではなく程良いピリ辛でした。

ふとした「ふりかけ食べたい」から行き着いた餃子ふりかけでしたが、ご飯のお供に新しい味を発見できました。

餃子までしっかり食べ終わってから思いついたのですが、この手のものって宇都宮のお土産とかでありそうですね。