宿泊しているビジネスホテルでガウンをたたむには

機会がある人は何度もお世話になるけど使わない人にとっては、とことん無縁な存在なのがビジネスホテル。

そんなビジホに関する役にたちそうにない無駄知識も人によってはありがたい情報である場合があることでしょう。
今回のガウンのたたみ方などはレアでありながら特定の事情に直面した方(及び暇な方)にはきっと役立つことでしょう。

ビジネスホテルのガウンはどのように畳まれているのか

ホテルの宿泊料金と客室に用意されている寝間着の生地の厚さは比例するのではないだろうか?ありそうな話ですが、実際にはあまり影響がないようで大手ビジネスホテルの宿泊料金は都市の人口と主要駅からの距離に関係しているように感じます。

そして殆んどのビジネスホテルに共通して言えるのが、寝間着に用意されたガウンはベットの上にそっと置かれていて、ぴっしりと折り目がついています。この「たたみジワ」とも言える強固な折り目に沿えば一度着たガウンを元通りに畳めそうな気がしますが、ものには順序があるというのがこの場合も当てはまるようです。

今回は、そんなビジホのガウンにまつわる物の順序を記録写真で解明したいと思います。

記録方法はいたって簡単で、ベットの上にガウンを広げながら工程を写真に撮り逆順で掲載していきます。

お気に入りSホテルの場合

ここのホテルは布団カバーが白で、ガウンがベージュなので写真が分かりづらいです。

Sホテル1

1、正面の合わせの右側を下にして重ねる

Sホテル2合わせの右から

2、両袖を内側に折る

Sホテル3両袖

このとき左右の袖口は重ならず、ちょうど両端が中央で付くくらいになります。

3、腰下部分を内側に折る

Sホテル4すそ

調度、丈の3分の1を折り返す形で、裾が袖の下に付くくらいです。

4、右側3分の1を内側に折り込む

Sホテル5右側

5、左側を同様にたたむ

Sホテル6右側

6、縦に二つ折りにする

Sホテル7二つ折り

7、完成

Sホテル仕上がり

仕上がりを見ると襟が少し見えますが、これが寝間着だとわかりやすいようにしてあるためか、たまたまなのかはこのホテルに泊まり続けてれば分かります。

布団の白に溶け込んでて見えづらいので矢印と番号を入れてみました。こうして写真を撮ってみると簡単なものですね。

大手Tホテルの場合

東横インのガウンはフロント階のエレベーター付近から必要な人がセルフで部屋へ持っていくシステムです。

Tホテル1

人によってはこの色を見て、あーこれねってほどおなじみですね。ここのは広げていくとうつ伏せ向きの状態になります。

1、左袖を背中側に折る

Tホテル2左袖

2、右袖を同様に折り、左袖の上に重ねる

Tホテル3右袖

3、丈の半分より少し下から二つ折りにする

Tホテル4裾

4、左側を先に折る

Tホテル5左側

5、右も同様にたたむ

Tホテル6右側

6、襟側を起こす形で折り返す

Tホテル7襟

最後は、襟のほうをもって裾側へ二つに畳むと正面向きに仕上がります。ボタンは一番上と一番下が留めてある状態?(すみませんボタンの状態は記憶に自信がないです)。

こうしてみると、ここの布団はお洒落ですね。布団もそうですが部屋のデザインが見慣れていてチェックインすると家に帰ったような気持ちになるビジネスホテルです。

あのAホテルでは

こちらのガウンも認知度が高いデザインかと思います。

1、合わせの右を先に内側にたたむ

Aホテル1合わせの右

2、続いて左側を上に重なる

Aホテル2合わせの左

こうして全体を見ると、「APA_HOTEL」の文字が入るラインの間に無地のラインが1本入っていて、文字が上向き逆さ向きが交互に並ぶ配置です。
ラインは正面から見ると右上から左下に斜め45度に下がるザインです。

3、左袖をたたむ

Aホテル3左袖

4、続いて右袖

Aホテル4右袖

この写真で見ると左脇部分が少々内側に入っていて、右の袖はわずかに外側で折ってあります。

5、全体を二つに折る

Aホテル5二つ折り

丈全体の半分よりやや下側が折り目になるよう裾を襟側へたたみます。重ねた裾から襟と袖が少し見えるようにします。

6、左側を先にたたむ

Aホテル6左側をたたむ

ここでも左右に若干幅の違いがあって、今度は先に折る左側の幅を狭くしてあります。

7、続いて右側

Aホテル7右

8、襟側を上に重ねてたたむ

Aホテル8仕上げ

これで仕上がりです。
背中側は正面とは逆に左から右斜め下に紺色のラインが流れるデザインです。

Aホテルのガウンは紐やボタンで閉じるタイプではなく帯が付きます。場所によっては大浴場が付いてたりするので呼び方は浴衣でよいでしょう。

同じホテルでも場所によっては?

当記事では、3か所のホテルを例にたたみ方をチェックしてみましたが、特に決まりがなければガウンのクリーニングが外注かどうかで同じ系列のホテルでも場所によってはたたみ方が異なることでしょう。

大手ならガウンのたたみ方も拘りがあるというのも想像できますがどうなのでしょう。

果たしてガウンをたたみ直さなければならない場面とは

ビジネスホテルの寝間着(寝巻)のたたみ方など普通は気にならないものですが、もしかしたら気になる人がいるかもしれません。いったん着込んだガウンをたたみ直さなければならない事態って第三者の立場では結構な面白ネタでしょうね。

必要があるとすれば、いったんベットに入った事実を第三者に対して偽装しなければならない事態なのですが、偽装しなければならない相手がいるとすれば出張の同行者とか、面会者(ビジホはロビー面会が基本ですが)などですが、いずれも相当な後ろめたさが伴わない限り偽装の必要はないとも言えます。

男としては羨ましい事実によりガウンをたたみ直さなければならないことがあるとすれば、そんな事態に遭遇してみたいものだとも思ってしまいます。

関連記事

ホテルの宿泊費全額返金キャンペーンに当選しタダで宿泊できた話

エグゼクティブシングルという部屋に宿泊する


浄土平から福島西インター【土湯の旧道を通るコース】

福島市の市街地から磐梯吾妻スカイラインへ行くには、高湯側(参照:地元にあるライダーの聖地をリポートする:磐梯吾妻スカイライン)から上るルートと土湯(つちゆ)側から上るルートがあります。

どちらから向かうかは好みによりますが、行きは時間的に早く到着できる高湯温泉側からのルートを選び、山の天候や現地での予定と残り時間を考え余裕があれば裏磐梯の景色を楽しみながら土湯温泉方面を通って帰ってくるコースが無難な候補としてあがります。

今回は、福島市側への帰り道に浄土平を出て土湯温泉方面を通過する際に国道115号線の「旧道」を通るコースを走ってみました。

猪苗代方面の景色を楽しみながら市街地へ

浄土平をスタートし「磐梯吾妻スカイライン」を土湯方面へ向け走り出すと、周りに山の景色が広がり所々で遠くに湖が見えます。高湯温泉側の市街地を見下ろす景色とは対照的でもあります。

浄土平を出発

浄土平駐車場

上がってきた道路をさらに南側へ進むようにスタートします。

旧道を土湯温泉方面へ

旧道のほうへ左折

土湯側の料金所跡を過ぎたところをすぐに左折します。

左折してすぐY字路がありますが右へ進みます。

トンネルの手前も続けて旧道へ進む

トンネルへ入らず右折

最初、温泉宿が何件かありますが、そこを過ぎると市街地が見渡せる場所が所々にあります。
その後林の中の道路を進むと新しい道路のトンネルの手前に合流できますが、ここも右折してそのまま旧115号線を進みます。

途中で新しい道路を横断

左に出ると国道を横断

途中でまた新しいほうの道路と交差する場所があります。
写真の場所を左に進み広い道路を横断します。

温泉街のところから新しい道路へ出る

温泉街に出たところで右折

途中右手に2か所ほど沼が見え、そのまま進むと温泉街に出るところで旧道の終点になります。ここで新道に合流し市街地方面へ走ります。

山を下りきり、周りに水田が目立つようになってきたところから15分程度走れば福島西インターへ到着です。

旧道はのんびり走れる

今回通った道は、現行の115号線を通っても土湯の温泉街付近までは信号がほとんどありません。そのせいか交通の流れが速くて、本来なら山の景色を楽しみながら走れる場所にも関わらず。後続車に気を使い急いで市街地へ下ってこなければならないことが多いです。

それに比べ、旧道は古い道路で道幅が狭く路面に落ち葉や枯れ枝があったりと綺麗ではありませんが、急いで帰る必要がなくのんびり景色を楽しみながら走りたい方などに利用されています。

【関連記事】

磐梯吾妻スカイライン浄土平から猪苗代湖へ


とんやの郷はどんなところ?【川俣町山木屋】

福島県川俣町の山木屋に新しい施設ができたと聞き早速行ってみることにしました。
地名はよく耳にするものの山木屋地区というのが、どんなところなのかも分からなかったので興味があるところです。

そこは川俣町の奥のほう

山木屋という地名をよく耳にするようになったのは、震災による原発事故のあとです。川俣町は自分の住んでる市の隣に位置する町なのですが、たびたび聞く地名のわりにどのへんなのか詳しくわかりません。

知らないし知る気もないといったら失礼ですが、たぶん川俣町でもだいぶ山のほうであるのはまちがいないでしょう。

そんな山木屋地区ではありますが、最近地元向けのテレビニュースや新聞で「とんやの郷」という施設ができたと話題になっていました。
川俣の道の駅をブログにまとめていた私としては、この「道の駅のような?施設」に興味がわくのは当然で早速行ってみることにしました。

町の中心部から奥へと進む

事前に川俣町のホームページなどで「とんやの郷」の場所を軽く調べてから出発です。
町役場周辺のわりと栄えている場所へは何度か行ったことがありましたが、山木屋地区は初めてです。

今回も、交通手段にはオートバイを使用しました。
福島市から川俣町の中心部までは数十分ほどで難なく到着しますが、そこから先は殆ど未知の世界です。震災前に浪江町から帰ってくる際に通った記憶が薄っすらありますが、どんな場所かは覚えていません。

中心部を過ぎると、周りは山で道路近くにはあまりまとまった広さではない田んぼや畑が続きます。

町の中央からは約10キロ程度先へ進むことになりますが、しばらく走ってみて大型ダンプ通行が多いのに気づきます。復興事業に係る工事関係車両というやつですが、ここ最近はこんな感じが続いているんでしょうね。

それに対して、一般の自家用車というのをあまり見かけません。これは地区の人口の割合から考えて不思議ではないようです。

とんやの郷は商業施設

そんな寂しい田舎道を進んでいくと右側へ目的の施設が現れますが、建物が新しいのと駐車場の広さからすぐに分かります。

山木屋とんやの郷

行った日が平日だったからでしょうか(土日もやってるのか?)、駐車場には数台の車が止まっているだけでした。

コミュニティー施設かな

さっそく施設の中を拝見すると、それぞれ規模の小さい食堂と商店が入っているのと、中央付近に行政サービスコーナー・情報発信コーナーなんてのがあって、トイレもあります。

とんやの郷の展示車両

小売店と食堂の間の多目的スペースには、この日レース用の車が展示されてました。
あまり川俣町とは関連がないと思いますが、こうした物静かな場所に飾っておくには斬新な発想ですね。若い人は興味を持って覗いてくれることでしょう。

町のホームページで確認するとこの施設は、山木屋地区復興拠点商業施設「とんやの郷」となっていて地元の復興を目的として作られた、地域住民のためのコミュニティー施設という位置づけのようです。

田んぼリンクの向かい

駐車場から周囲を眺めてみると作付けしていない水田が見えます。
もしかしたら、まだ米を作れる状況ではないのかもしれません。

絹の里やまきやスケートリンク

それから、地元では有名な「田んぼリンク」が道路向かいにあります。
冬に田んぼを凍らせてスケートを楽しむ場所ですが、こんな分かりやすい場所でした。

山木屋と言えば太鼓

避難区域に指定されてから、メディアでよく耳にするようになった山木屋ですが、原発事故前から有名なのが「山木屋太鼓」です。

私などは、山木屋と聞くと太鼓しか思い浮かびません

川俣町に詳しい人に聞くと、昔は葉タバコの栽培が多かったそうです。
その辺も今となってはどうなのでしょう?気になるところですね。

道の駅ではない「とんやの郷」

とんやの郷の”とんや”は地名の川俣町山木屋(字)問屋から来ているようです。名称は公募で決定したそうです。

見かけは道の駅のように見えるこの施設、地元住民のための施設ということで目的も中身も道の駅とは違い、同じサービスを期待して行くと期待外れになることもありあそうです。

地域の活性化を図るという意味では、もう少し地元の特色を取り入れても良いのではと感じましたが、この地域にとっての復興の意味は「もとの平和で穏やかな土地柄に戻る」ということなのかもしれません。

近くの道の駅をレポートしてみる川俣編