男が満足するときBlog

小さな満足の積み重ねが大きな結果につながる

店名がはじけてる中嘉屋食堂『ぶっかけちゃいな』での食事

time 公開:2017/12/23 refresh
店名がはじけてる中嘉屋食堂『ぶっかけちゃいな』での食事

今回、街を歩いていて気になった店は「中嘉屋食堂ぶっかけちゃいな」という名の中華料理店。出される料理に何かおいしいネタが盛大にぶっかけられているのか?と興味津々になってしまいます。

中嘉屋食堂ぶっかけちゃいな

場所は宮城県の仙台市役所近くで、庁舎の北側というか裏通りといっても良いかなという場所です。

広告

ぶっかけとは「あんかけ」のことか?

「ぶっかけちゃいな」のちゃいなは中華料理屋だからチャイナの意味だろうと想像がつきます。そして「ぶっかけ」のほうは、こちらもあんかけ料理を意味するところのぶっかけかと気軽に連想してみたのですが、その正体を探るため実際に店内で食事をしてみることにしました。

どうせなら、ゆっくり食事を楽しみたいので込み合う昼の時間帯を避け平日の15時頃に入店です。

スタミナ中華丼を食べてみる

「ぶっかけちゃいな」の中華丼

テーブル席に座るなり、私がぶっかけから連想したあんかけ料理の一種である中華丼を注文してみました。

具材がたっぷりな中華丼

出来上がった中華丼は私の期待通りに盛大にぶかけられています。

中華丼のうずらの卵

中華丼といえばうずらの卵


中華丼の海老

エビも入っている

うずらの卵やエビの他にはイカなんかも入ってました。壁の張り紙によれば、にんにくを含め11種の具材がたっぷりなのだそうです。にんにくが入っているのは注文前に気が付きたかったところですが、その後の私のプライベートな行動には影響が全くない程度でした。

この日は、中華丼をいただきましたが実はテーブルのメニューや店の入口に飾られたサンプルメニューを見ると、当初私が想像していたあんかけ料理がメインということでもなさそうです。
麺類も中心にメニューが展開されていて、どうやらぶっかけの由来は香川の「ぶっかけうどん」に近いのかもしれません。次に日を改めて麺料理に挑戦です。

店頭メニューボードの「香麻つけ麺」

そして、再度来店し中華丼の次に食べてみることにした麺料理ですが、店の外に写真入りのメニューボードで紹介されていた香麻(シャンマー)つけ麺を注文することにしました。つけ麺なのでぶっ掛けとは逆ですが、メニューボードに書いてあるのでお勧めメニューであることには間違いありません。

香麻(シャンマー)つけ麺

普通のつけ麺ってのもこんなに具が多いのでしょうか。見た目が白いご飯と豚汁みたいな組み合わせで美味しそうです。

香麻つけ麺のつけタレ

汁の中に隠れて見えませんが卵はもう半切れ入っています。

削り節

上に載ってる粉状のものは削り節ではないかと思います。つまんでみると味もそんな風味です。

タレに入ってる肉

入っている肉はチャーシューなのか鶏肉なのか、いまいち区別がつきませんでした。

香麻つけ麺の中太麺

使っているのは中太麺で「ゆであがりまで8分いただきます」と表のメニューボードに書かれていました。

麺を汁につけたところ

写真ばかり撮ってないで早速いただくことにします。食べ始めてしばらくしてから冬は麺も少しだけ温かくても良いかなと思いました。食べているうちにつけ汁がぬるくなってきますが、そんなもんなんでしょうね。

たれが温かいつけ麺というのをあまり食べたことがないのですが、この香麻つけ麺は今まで食べたことのない麺料理の味でした。店頭のメニューボードにたしか魚介だし云々と書かれていたとおり魚介の風味と中華の味が良くマッチしていますね。
この味、また食べてみたいと思わせるものがあります。

ネタが豊富なぶっかけちゃいな

飲食店を経営する上で、店の名前はきっと重要な要素となりうることでしょう。ぶっかけちゃいなと書かれた看板に釣られて入った店ではありますが、テーブル横に貼られたポスターには「むちむち餃子」というまたまた気になるネーミングの品を見つけてしまいました。

ポスターによれば、本格手包みむちむち餃子具がむちむしつまって皮もむちむち!!とのことです。

ぶっかけだの、むちむちだのとユーモアあふれるセンスな飲食店といった感じをウケるのですが、実際のところこういったネーミングの狙いは気になるもので、いずれにせよ日ごろの仕事の疲れと欲求不満を美味しい中華料理で解消してくれと解釈できなくもないところで個人的には頼もしく感じます。

実は仙台市内では同じみな中嘉屋食堂

中嘉屋食堂麺飯甜のおしぼり

来店した際にテーブルに出される使い捨てのおしぼりをみて思ったのが、仙台駅の駅ビルの中に入っている中嘉屋食堂「麺飯甜」もどうやら同じ系列のお店のようです。

お店のサイトでもちゃんと「ぶっかけちゃいな」が載っています。
でも、ぶっけかちゃいなは今回紹介した二日町店だけで他の店舗はほとんどが「麺飯甜」の店名で営業しています。

参照外部リンク:ぶっかけちゃいな 二日町店|中嘉屋食堂 麺飯甜(ミンパンティン

これは、お店の名前が斬新すぎるので「ぶっかけちゃいな」は1店舗だけでとどめていると思われます。場所的にも家族連れより公務員やサラリーマンなどの大人が利用しそうな立地だからですね。

実際私が来店したときもテーブルで見かけたのは、勤め人と思しき男性客や学生などでした。そんな、「ぶっかけちゃいな」は大人が居心地よく安心して入れる中華料理店と言えるでしょう。

【中華料理店関連】

中嘉屋食堂の「むちむちギョーザ」を食べる

仙台市にて「マーボー焼そば」なる伊達な文化を食してきました

広告






サイト情報

カウンタ



アーカイブ