宿泊しているビジネスホテルでガウンをたたむには

機会がある人は何度もお世話になるけど使わない人にとっては、とことん無縁な存在なのがビジネスホテル。

そんなビジホに関する役にたちそうにない無駄知識も人によってはありがたい情報である場合があることでしょう。
今回のガウンのたたみ方などはレアでありながら特定の事情に直面した方(及び暇な方)にはきっと役立つことでしょう。

ビジネスホテルのガウンはどのように畳まれているのか

ホテルの宿泊料金と客室に用意されている寝間着の生地の厚さは比例するのではないだろうか?ありそうな話ですが、実際にはあまり影響がないようで大手ビジネスホテルの宿泊料金は都市の人口と主要駅からの距離に関係しているように感じます。

そして殆んどのビジネスホテルに共通して言えるのが、寝間着に用意されたガウンはベットの上にそっと置かれていて、ぴっしりと折り目がついています。この「たたみジワ」とも言える強固な折り目に沿えば一度着たガウンを元通りに畳めそうな気がしますが、ものには順序があるというのがこの場合も当てはまるようです。

今回は、そんなビジホのガウンにまつわる物の順序を記録写真で解明したいと思います。

記録方法はいたって簡単で、ベットの上にガウンを広げながら工程を写真に撮り逆順で掲載していきます。

お気に入りSホテルの場合

ここのホテルは布団カバーが白で、ガウンがベージュなので写真が分かりづらいです。

Sホテル1

1、正面の合わせの右側を下にして重ねる

Sホテル2合わせの右から

2、両袖を内側に折る

Sホテル3両袖

このとき左右の袖口は重ならず、ちょうど両端が中央で付くくらいになります。

3、腰下部分を内側に折る

Sホテル4すそ

調度、丈の3分の1を折り返す形で、裾が袖の下に付くくらいです。

4、右側3分の1を内側に折り込む

Sホテル5右側

5、左側を同様にたたむ

Sホテル6右側

6、縦に二つ折りにする

Sホテル7二つ折り

7、完成

Sホテル仕上がり

仕上がりを見ると襟が少し見えますが、これが寝間着だとわかりやすいようにしてあるためか、たまたまなのかはこのホテルに泊まり続けてれば分かります。

布団の白に溶け込んでて見えづらいので矢印と番号を入れてみました。こうして写真を撮ってみると簡単なものですね。

大手Tホテルの場合

東横インのガウンはフロント階のエレベーター付近から必要な人がセルフで部屋へ持っていくシステムです。

Tホテル1

人によってはこの色を見て、あーこれねってほどおなじみですね。ここのは広げていくとうつ伏せ向きの状態になります。

1、左袖を背中側に折る

Tホテル2左袖

2、右袖を同様に折り、左袖の上に重ねる

Tホテル3右袖

3、丈の半分より少し下から二つ折りにする

Tホテル4裾

4、左側を先に折る

Tホテル5左側

5、右も同様にたたむ

Tホテル6右側

6、襟側を起こす形で折り返す

Tホテル7襟

最後は、襟のほうをもって裾側へ二つに畳むと正面向きに仕上がります。ボタンは一番上と一番下が留めてある状態?(すみませんボタンの状態は記憶に自信がないです)。

こうしてみると、ここの布団はお洒落ですね。布団もそうですが部屋のデザインが見慣れていてチェックインすると家に帰ったような気持ちになるビジネスホテルです。

あのAホテルでは

こちらのガウンも認知度が高いデザインかと思います。

1、合わせの右を先に内側にたたむ

Aホテル1合わせの右

2、続いて左側を上に重なる

Aホテル2合わせの左

こうして全体を見ると、「APA_HOTEL」の文字が入るラインの間に無地のラインが1本入っていて、文字が上向き逆さ向きが交互に並ぶ配置です。
ラインは正面から見ると右上から左下に斜め45度に下がるザインです。

3、左袖をたたむ

Aホテル3左袖

4、続いて右袖

Aホテル4右袖

この写真で見ると左脇部分が少々内側に入っていて、右の袖はわずかに外側で折ってあります。

5、全体を二つに折る

Aホテル5二つ折り

丈全体の半分よりやや下側が折り目になるよう裾を襟側へたたみます。重ねた裾から襟と袖が少し見えるようにします。

6、左側を先にたたむ

Aホテル6左側をたたむ

ここでも左右に若干幅の違いがあって、今度は先に折る左側の幅を狭くしてあります。

7、続いて右側

Aホテル7右

8、襟側を上に重ねてたたむ

Aホテル8仕上げ

これで仕上がりです。
背中側は正面とは逆に左から右斜め下に紺色のラインが流れるデザインです。

Aホテルのガウンは紐やボタンで閉じるタイプではなく帯が付きます。場所によっては大浴場が付いてたりするので呼び方は浴衣でよいでしょう。

同じホテルでも場所によっては?

当記事では、3か所のホテルを例にたたみ方をチェックしてみましたが、特に決まりがなければガウンのクリーニングが外注かどうかで同じ系列のホテルでも場所によってはたたみ方が異なることでしょう。

大手ならガウンのたたみ方も拘りがあるというのも想像できますがどうなのでしょう。

果たしてガウンをたたみ直さなければならない場面とは

ビジネスホテルの寝間着(寝巻)のたたみ方など普通は気にならないものですが、もしかしたら気になる人がいるかもしれません。いったん着込んだガウンをたたみ直さなければならない事態って第三者の立場では結構な面白ネタでしょうね。

必要があるとすれば、いったんベットに入った事実を第三者に対して偽装しなければならない事態なのですが、偽装しなければならない相手がいるとすれば出張の同行者とか、面会者(ビジホはロビー面会が基本ですが)などですが、いずれも相当な後ろめたさが伴わない限り偽装の必要はないとも言えます。

男としては羨ましい事実によりガウンをたたみ直さなければならないことがあるとすれば、そんな事態に遭遇してみたいものだとも思ってしまいます。

関連記事

ホテルの宿泊費全額返金キャンペーンに当選しタダで宿泊できた話

エグゼクティブシングルという部屋に宿泊する


仙台市内にある「あら浜という店のはらこ飯」が気になる【酸っぱい葡萄じゃ終わらせない】

仙台市の街の中に「あら浜」というちょっと気になる店があります。
もとは宮城県の沿岸部にある亘理町にあった店で、その亘理町の店も再オープンを果たし人気のようです。

お店のサイト:亘理の旬魚・鮨の店「あら浜」で名物はらこ飯を味わう

今回は、あら浜の仙台市内の店舗で話題の「はらこ飯」をご馳走になることにしました。
何度かこの店の前を通って10名前後が順番待ちしているのを見かけたことがあります。名の通った店ってことでもなく看板もこじんまりしていて、そこに昼どきになるとコンスタントに生じるそこそこな行列は実に気になるものです。

以前にテレビのニュース番組かなんかで、震災後のこのお店ことを取り上げていたのを見た時がありますが、それ以前からの口コミみたいなものもありそうです。

通るたびに行列ができていたら気になる

この「あら浜」というお店(仙台店)はJR仙台駅から徒歩で10分程度のところにあります。

あら浜の看板

近くには商業ビルや駐車場などが多く、近くに他の飲食店がないわけでもありませんが立地的には目立たない場所です。
まさに、「こんな場所へ行列なんて」と感じさせてしまう場所であるのも事実です。

話題のはらこ飯を食べてみることに

美味しいから並ぶんでしょうね。

このまま、この店に入らずしては「はらこ飯」の存在は私の中で酸っぱい葡萄と化します。
そして、時は食欲の秋、はらこ飯の提供はこの9月上旬から12月とのことです。

このことは、満ち足りる食を探し歩く男として看過し難い事実でチャンスを逃す訳には行きません。

たまたま、平日の休みがある私はこの事実を気になるままにはしておけず一度はらこ飯を食べてみることにしました。

気になるはらこ飯行列へ自分も並ぶ

意を決した木曜の昼、11時半の開店直後に店の前へ向かいます。ちょうど10時ごろに一度店の前を通った時には並ぶ気配もなかったはずが実は判断を誤ったようです。

開店の時間に合わせても店外で並んでる人がちょうど私で10人目で、後にもさらに何人かの客がやってきます。中には、これじゃ昼のうちに食べれないと諦めて別な店へ行ってしまう人たちもいました。

店の前の道路を通過する車の運転手も、物珍しそうにこちらに視線を送ります。そんな光景の中、退屈な私も視線をあちこちへ移しながら退屈なじかんを待つこと30分、12時過ぎに店の中へ案内されました。

いよいよ待望の「はらこ飯」とご対面を果たす

店に案内され通されたのはカウンター席でした。先に並んでいた数人の女の子グループはテーブル席へ案内されたようです。

私の右隣には学生カップルらしき二人の女のほう(楽しそうな二人がなんか気に入らない)、左隣には人妻と思しき30代くらいの女性ですがこちらも人妻なので気にしても仕方がありません。なにより私の目的は昼食を楽しみに来たことですし気を取り戻して目的のはらこ飯を待ちます。

席に着いてからも10分以上は待ったでしょうか、待ちに待った「はらこ飯」が運ばれてきました。

はらこ飯のお膳
彩りよく綺麗に並んでます

左が主役のはらこ飯で、サラダと小鉢と味噌汁(魚の身の入ったみそ汁をなんて呼ぶのか分かりません)が一緒です。この手の上品な和食は彩りが良いですね目でも楽しめるほど絵になります。

はらこ飯

こんなときに小さいボディのミラーレスは助かります。憧れの食は趣味カメラで撮りました。

鮭とイクラをすくう

バックから思い出したようにゴソゴソとカメラを取り出すわけですが、まあ良いでしょうそれだけの価値がある食事ですから堂々と撮ります。

美味しい部分をアップ

イクラの艶が良いところをトリミングしてみます。キラキラしてますね、ちなみに右でシャッター押したいので左ですくってました。美味しそうに撮るのって大変なんですね。

そしてはらこ飯の味はといいますと、鮭とイクラは割とあっさりした味でした。素材が新鮮なので味付けは控えめとのことでしょう。席に運ばれてきたときに、下の「ご飯と混ぜてお召し上がりください」と言われそのように食べてみますが、鮭の風味というやつですかね、それがイクラと良く合っています。

ご飯のほうは、ほんのり味が染み込んでいて非常に柔らかかったです。気取った米は使ってないかなという印象ですがどうなのでしょう。普段食べている「ひと目ぼれ」に触感がにていると感じたのは気のせいだとは思います。美味しい米でも水加減しだいでは柔らかく仕上がることでしょうし少し気になりました。

普段以上に上品にこの食事を済ませると空になった器たちを眺めながら満ち足りた気分さえも味わいつつ、大人の男らしくスマートに会計を済ませ店を後にします。

多少酸っぱかったのは目的物ではなく待つ時間

こうして、どうせ並んだところで本当に旨いのか?という酸っぱい葡萄的な存在だった「はらこ飯」の上品な味はしっかりと確認することができたのでした。

食を楽しむってことは出された食事だけではなく、その店で演出されるの雰囲気などを楽しむということだと思います。そう考えると今回の「あら浜」というお店は多少並んでももう一度来てみたい店ですね。

場所は駅から歩いて行ける範囲と思いますが、このように目印になるものが少ないところです。

今回のように話題の店に並んでまで食事をするという体験が少ない私ですがこれにも少しコツのようなものがあるようです。次回、同じような機会があったらその辺も書いてみたいですね。

【関連記事】

マーボー焼そばなる伊達な文化を食してきました


浄土平から福島西インター【土湯の旧道を通るコース】

福島市の市街地から磐梯吾妻スカイラインへ行くには、高湯側(参照:地元にあるライダーの聖地をリポートする:磐梯吾妻スカイライン)から上るルートと土湯(つちゆ)側から上るルートがあります。

どちらから向かうかは好みによりますが、行きは時間的に早く到着できる高湯温泉側からのルートを選び、山の天候や現地での予定と残り時間を考え余裕があれば裏磐梯の景色を楽しみながら土湯温泉方面を通って帰ってくるコースが無難な候補としてあがります。

今回は、福島市側への帰り道に浄土平を出て土湯温泉方面を通過する際に国道115号線の「旧道」を通るコースを走ってみました。

猪苗代方面の景色を楽しみながら市街地へ

浄土平をスタートし「磐梯吾妻スカイライン」を土湯方面へ向け走り出すと、周りに山の景色が広がり所々で遠くに湖が見えます。高湯温泉側の市街地を見下ろす景色とは対照的でもあります。

浄土平を出発

浄土平駐車場

上がってきた道路をさらに南側へ進むようにスタートします。

旧道を土湯温泉方面へ

旧道のほうへ左折

土湯側の料金所跡を過ぎたところをすぐに左折します。

左折してすぐY字路がありますが右へ進みます。

トンネルの手前も続けて旧道へ進む

トンネルへ入らず右折

最初、温泉宿が何件かありますが、そこを過ぎると市街地が見渡せる場所が所々にあります。
その後林の中の道路を進むと新しい道路のトンネルの手前に合流できますが、ここも右折してそのまま旧115号線を進みます。

途中で新しい道路を横断

左に出ると国道を横断

途中でまた新しいほうの道路と交差する場所があります。
写真の場所を左に進み広い道路を横断します。

温泉街のところから新しい道路へ出る

温泉街に出たところで右折

途中右手に2か所ほど沼が見え、そのまま進むと温泉街に出るところで旧道の終点になります。ここで新道に合流し市街地方面へ走ります。

山を下りきり、周りに水田が目立つようになってきたところから15分程度走れば福島西インターへ到着です。

旧道はのんびり走れる

今回通った道は、現行の115号線を通っても土湯の温泉街付近までは信号がほとんどありません。そのせいか交通の流れが速くて、本来なら山の景色を楽しみながら走れる場所にも関わらず。後続車に気を使い急いで市街地へ下ってこなければならないことが多いです。

それに比べ、旧道は古い道路で道幅が狭く路面に落ち葉や枯れ枝があったりと綺麗ではありませんが、急いで帰る必要がなくのんびり景色を楽しみながら走りたい方などに利用されています。

【関連記事】

磐梯吾妻スカイライン浄土平から猪苗代湖へ