りんご味の南部せんべいが美味しかった【岩手屋りんごせんべい】

リンゴ味の煎餅

りんご味の南部せんべいを頂き食べる機会があったのでその感想です。

南部せんべいには、いろんな味があるのは聞いたことがありましたが、実際に口にするのは初めてになります。

果肉が散りばめられた岩手屋の「りんごせんべい」

せんべいの個包装の袋を開けると、せんべいの表面には乾燥したリンゴがチップ状にしたものが散りばめられていました。

煎餅に換装したりんごチップ

みためクリーミーな感じもしますが実態は実態は果肉です。

りんご南部せんべいの表面

さっそく口に入れてみると、商品名の通りでリンゴのさわやかな味わいが感じられました。

とくに酸味とかは感じられず、リンゴ特有のさわやかな甘さが特徴でしょう。

リンゴ味の煎餅

味的にはせんべいというより別な食べ物のような感覚を受けます。

それから、南部せんべいは菓子としては固いイメージがあったのですが、りんごせんべいは食べやすいサクサク系の南部せんべいでした。

反対側には白ごま

表側には胡麻

リンゴの果肉の粒が印象的なりんごせんべいですが、反対側の表面(こちらが表?)には白ごまが入っています。

これは他の型にはめて焼くタイプのせんべいによく見られる仕上げと似ています。

岩手屋りんごせんべい個包装

形は他のせんべいたちと変わらない「りんごせんべい」ですが、このりんご味のさわやかな味は今までたべた煎餅にはないあじでした。

りんご味がこんなに美味しいなら、他の変わり種な南部せんべいもいろいろ味わってみたいと思ったところです。