庶民派の大人が食べ歩きを楽しむポイント

あら浜のはらこ飯

日常生活を少しでも豊かに改善したいと考えたとき、もっとも気軽に取り入れることができそうなのが食べ歩き。

そんな食べ歩きを大人が楽しむために、抑えて置きたいポイントをまとめてみました。

食べ歩きを楽しむためにおさえたいポイント3つ

私たち大人が、食べ歩きでおさえたいポイントは次の3つです。

まず最初の1つ目は季節的要素、続いて2つ目に食べ歩きに選ぶ場所、3番目は食のジャンルです。

季節的要素で目的の食べ物を選ぶ

まず食べ歩きを楽しみたいときに最初に確認したいのは、逃してはならない旬の食べ物はないかといったところの確認です。

楽しんでおくべき季節の旬があれば、まずそれを目的に食べ歩きの計画を立ててみることがおすすめです。

食べ歩きをする場所

1つ目のポイントの季節的要素によって食べ物を選定できたらその旬の食べ物がおいしく食べれる場所またはお店を目当てにして食べ歩きを進めます。

食べたい旬の食べ物がなければ、近場が良いのか観光気分を追加して少し遠出をしてみるかをになるでしょう。

また、季節や時間的要素よりも次の3つ目のジャンルや直接食べたいものを第一に優先したいときは、その目的を達成できる場所や店を選ぶことになるでしょう。

また、観光などで既に行き先が決まっているときや、すでに観光地を訪れているなどの場合は逆にその設定した場所で、逃してはならない旬の食べ物を探してみると良いでしょう。

宿泊した宿の担当者などに確認する場合も、今の時期に美味しいものは何かを聞いてみると良いでしょう。

いずれにせよ旬の情報だけは耳に入れておくことで、その土地の特色なども知識として持つことができ充実した旅の成果にもなるのではないでしょうか。

あらかじめ食べたいジャンルはないか

最後のポイントは、そもそも「これが食べたい」という目的の食べ物があれば、それに従って目的地やお店を設定します。

目的のメニューがあらかじめ決まっているなどの場合は、それを優先に行動することになりますが、この場合も、念のためそのメニューに使われる食材の旬の時期というもの情報として仕入れておきたいものです。

その日の気分も含めて複合的に判断

食べ歩きの際に抑えて置きたいポイントとして、「旬の時期、場所、食べ物のジャンル」についてあげてみました。

当日に特に予約をしているとかがなければ、目的のお店を目指して歩いている途中で、より気になる魅力的なお店やメニューに巡り合えるかもしれません。

大人が楽しめる食べ歩きは、このような流れに沿って事前の情報をもとに、目的の街を歩き回ってみることにも醍醐味の一つです。

食べ歩きの成果としてお腹とともに、その土地の食への知識が深まれば食べ歩きの成果としてはより満足がいくのではないでしょうか。

おすすめ記事

鮭とイクラがメインのはらこ飯秋を迎えさっそく季節メニューの「はらこ飯」を食べてきた【移転先:あら浜あすと長町店】東京で食べるタレカツ丼東京都内でタレかつ丼が食べれる店【新潟カツ丼タレカツ】ぴょんぴょん舎の冷麺ぴょんぴょん舎を満喫しに盛岡へ【冷麺焼き肉の美味しい旅】一人焼肉豚肉今こそ一人焼肉絶頂期【誰にも遠慮はいらない究極の少人数なのだから】あっさり目みのりの自家製カレー野菜たっぷり自家製カレーが食べれるお店【仙台市:みのりカフェ】