男も歩けば

タウンウォッチングが好きで「ほっつき歩く」というのが嫌いじゃない。
頭を空っぽにして、どこかの町を歩き、非日常的な空間に浸る。
言葉的には、ただの散歩なわけですが、なんと言うか「雑踏」っていうのが好きなのです。

自分が人並みの男であることを確かめて腑に落ちる

家で黙々と趣味に没頭するのも良いかもしれませんが(実際インドアは苦手)街角で行き交う人を見ていると、自分もこの人たちと同じ歩調、同じ呼吸で歩けているんだと実感できてホットします。

自分だけ特別不幸せではなく、人並みに歩んでいけているんだと確かめるための尺度を探し続けているものなのでしょう。
そんな形にならないものを捜し求めて一日が過ぎる。

そんな「ほっつき歩き」の勧めになります。
当サイトの第一のテーマは散歩と小旅行で始めてみることにしました。

男の乗り物好きをもう一度見つめなおす

「車、バイク、自転車」、空間の移動は人にとって楽しいこと、それのために使う道具というか「機械」なので、男なら当然興味がありのめり込んでしまうことも少なくないことでしょう。

男を満たす乗り物

もし、地方に住んでいるなら鉄道もお奨めです、毎日通勤で使う車は休ませて、たまには自分で運転しない乗り物もいかがでしょうか?新鮮な気持ちになれるのではと思います。

出かけたら写真を撮る

男の趣味と言ったらカメラでしょ写真でしょ!っていうのが私の持論です。現代人の狩りをするための道具にとって変わるもの、そう考えると所有する意味に納得いただけると思います。
男ってのは何かを捕りたいんだよね、写真は「撮る」になってしまいますが、普段の生活では満たされない本能的な何かを満たせることでしょう。

満たされる写真

「乗り物」と「カメラ」、男の趣味としては至高と考えます。
男が歩けば、きっと満足と出会えることでしょう。

スポンサーリンク