2017-07-07

自転車の最重要部品はボトムブラケット

自転車の構成パーツで最も重要な部分というのを考えると、それはタイヤかもしれないしペダルかも知れません。たしかにそれらが無ければ自転車としての機能はほぼ損なわれてしまうことになります。
そして、自転車屋さんの目から見た重要部品、スポーツ自転車として見た最重要パーツってのもあるかもしれません。今回は長年同じ自転車を所有してきた私が判断する重要部品ボトムブラケットの話です。

ボトムブラケットは重要

広告


なぜ自転車にとってBBが最重要部品なのか

たしかに、ホイールやクランクなども主要な構成パーツであり欠かせないものですが、私がボトムブラケットを重要部品とするは次の理由からです。

異音が出たときに気になりすぎる

BBが痛んできたときのギシギシというか、カリカリというかあの音は気になるものです。

坂を登るときも、頑張れば頑張るほど酷い音をたてます。よって治さずには乗ってられません。

近くの自転車屋で気軽に買えない

BBは交換が必要と思って買いに行っても、すぐ買えるものではなくたいていの自転車屋では注文して取り寄せてもらわないと買えないと思います。

ママチャリなんかだと、BBの寿命イコール自転車の寿命といってもいいほど、自転車として重要な機能を担っている部分と言えます。

自転車屋でBB交換してもらったとか、中身のボールを変えてもらったとか聞いたことありませんよね?

この部品壊れたら、そろそろ新しいの考えても良いよ、だから店にはストック置いてないよ。ってことだと思うのです。

BBは最初に回転を生む場所

自転車で回転を発生させているのは、ペダル、クランク、BBの組み合わせてすが、主要な軸となっているのはBBであり、そんなことからも重要なパーツと言えるでしょう。

BB以外にはどんなパーツが重要か

ずばりハブだと思っています

ハブって中心とか中核という意味もあるらしいですが、機能的にも大事な部分ですね。

ボトムブラケットはクランクとともに人の脚力を集約し回転運動に変換するための主要パーツで、ハブはチェーンよって伝わったその回転運動を推進力として地面に分散させる機能を担っています。

動力を伝達する過程でチェーンやチェーンリングなども欠かせないものですが、動力を集め分散させているのはボトムブラケットでありハブです。

いずれも回転の主役です。

BBの不調は突然やってくる

ハブのベアリングやボールの寿命は、パンク修理やタイヤ交換で手で回して点検すれば交換時期がある程度読めますが、ボトムブラケットの異音は突然やって来て、しかも一度音がなり始めたら悪化するだけで良くはならないものです。

そして、自転車屋で注文するにもネットで買うにしてもすぐ届くわけではなく時間がかかります。その間異音は鳴りやまず気になるままです。

一つの自転車(フレーム)を長く愛用したいのであれば、ベアリングの寿命に備えボトムブラケットは手元に予備として一つ置いておくと良いかもしれません。

よく回るBBは人へ路面の感触を伝える

ペダルもそうですが、推進力となる人の足の力を直接受ける部分で、乗る者へこぎ心地の感触を直に伝える部品です。

こぐ力を直接受けるのはペダルとクランクですが、軸となるBBはその力を交互にブレることなく受け止め続け、それが回転運動へとなります。

ボトムブラケットがスムーズに回転すれば、その自転車は乗り手が心地良い推進力を得られる自転車であると言えると思います。

BBは車体が進むための回転を生み出し、タイヤが路面を掴む感覚を人へ伝える重要パーツと言えます。