自転車保険に迷うとき

自転車を生活手段として利用したり、趣味として楽しむ際に万が一の事故ことを考えると自転車保険への加入は必須といえます。
近年では、そんな保険への意識もかなり定着してきていますが、いざ新規の申込みや更新の際にかかる費用を確認してみると、すんなり手続きに踏み切れずためらってしまうこともあるでしょう。

そんな自転車保険ですが、新規の加入ややがて訪れる更新の時に二の足を踏まず納得して手続きできる気の持ち方を探ってみたいと思います。

必要とわかっていても戸惑うわけ

正直、ちょっと昔なら自転車保険は常識的に必要な範囲ではありませんでした。
このことが手続きに二の足を踏ませる一番の要因ではないでしょうか。

たかが自転車と思ってしまうわけです。
私なんぞ、いまだに「自転車に保険なんて」と思っています。

問題は都市部だけで田舎じゃ車のほうが危険

ニュースなどで取り上げられている話を聞くと、さも自転車の危険運転が社会問題化しているかのようですが、地方在住の身から考えると果たしてそのようなことがあるのかと疑うばかりです。

郊外であろうと、街の中であろうと自転車に乗る人が無理な運転をして歩行者に迷惑をかけている場面はあまり見かけません。

人口密度の低い地方都市では、自転車が歩行者に迷惑をかける事態になるほど混雑してはいないのです。

そして、交通の発達していない地方では皆が車を移動手段としていて、どこへ出かけるにも車を使用しています。
この車が歩行者や自転車にとって危険な存在であることは、車社会の現代では取り沙汰されることがほとんどありません。

涼しい顔で運転手付きの車で移動するお偉いさんが、自転車を指さして危ないと言ったらそれはどこか間違っています。

高い自転車保険

私が最近更新した自転車保険は2年の保険期間で保険料が6200円でした。
2年の契約なので月額にすると結構安いですが、人の脚力を利用して走行するオーソドックスな乗り物に妥当と言える額なのか考えてしまうところです。

自転車事故での高額な賠償金が話題になったころに一気に引き上げになったと記憶していますが、賠償金が数千万単位にのぼるような事故がそれほど起こりうるものなのか、自転車を運転する側が高額の賠償責任を負うのは、相応の過失がある場合に限られるのではないか?

とても自分に該当するとは思えなく、昨今の高額な保険料には納得がいかないものがあります。

保険に入るべき理由を再度確認する

自転車を走行中に、事故に巻き込まれ賠償金の支払いが必要になってしまったときに、その賠償額を補償してくれるのが自転車保険です。

なぜ今になって盛んに加入が必要と言われるようになってしまったのか?

この躊躇してしまう自転車保険をある別な視点から考えてみると、保険が重要視される今の時代と、それほど話題にもされなかった一昔前とでは明らかに変わっている事実がいくつかあります。

そのうちの大きな一つは高齢化社会の到来です。

加齢により視力が衰えたり、耳が聞こえにくいなど症状を負った高齢者が徒歩や自転車で外出している姿は確かに昔より多く見るようになりました。
視覚や聴覚の問題と併せ歩道を歩く上での危険回避能力というのも衰えがあることでしょうし、逆に自転車の進路を妨害することも現実にあることでしょう。

このように高齢者を例にあげると、こちら側に過失がなくても賠償を負う事態に巻き込まれることも容易に想像できます。

また、高齢者に限らず。共働きなど家族形態の多様化などから野放し状態の小さな子供が事故に巻き込まれるなどの心配もあることでしょう。

事故の係る賠償金の高額化という本来の対応目的のほかに現代では加害者側として事故に巻き込まれる危険性というのが多く存在しているのかもしれません。
こう考えると趣味やプライベートを楽しむための自転車には、その楽しさを害されないための予防策といった意味でも保険加入が必要といえるでしょう。

更新を決断できないときは走りに行く

いろいろと頭で考え巡らせてはみましたが、それだけでは納得いかない部分もあるかもしれません。

そんなときこそ自転車に乗りひとっ走りしに行くのもありです。
周りを流れる風景を楽しみながら、風を切り走る爽快感は何ものにも代えがたいものだと思い返すことができるでしょう。

自転車は心地よい汗を流せる移動手段でもありますし健康にも良い効果をもたらします。

走りに行くことで自分の自転車への想いをあらためて自覚できれば自転車保険の更新額(契約額)など安いものに思えるでしょう。

自転車に乗る楽しみは誰にも邪魔されたくないものですね。

古い自転車の防犯登録

古い自転車を自転車屋へ持ち込んで防犯登録の手続きを済ませてきた記録です。

該当する自転車を購入したのは20数年前のこと、はたして対応してもらえるかどうか心配ですが、今や防犯登録のない自転車は駐輪場に止めるにも怪しまれそうで街中では堂々と乗り回せません。

そして、長いこと所有している自転車は愛着がありとても手放せません。
そんなわけで、長年連れ添った(放置も長い)愛車を登録するため頑張ってみました。

かれこれ20年以上所有し続けた私の自転車

今回登録する自転車を購入したのは、25年くらい前のことで購入当初に防犯登録を済ませてましたが、調べてみると期限のようなものがあるそうで20年も経てばもうその期限はとっくに過ぎてしまっているようです。

私の場合、自転車を購入した時とは住所も電話番号も変わってしまっていて、自転車の色までも変わっているので昔登録したデータが残っていようが、もう一度新しく登録し直したいという考えがありました。

長い間、所有してきた自転車が万が一の盗難やトラブルの際に自分のものだと主張できないのでは悲しいです。

自転車の防犯登録をし直す方法

20年以上前に購入した自転車は私の手によってフレームを塗装され色が変わっております。そして主要パーツも最近の新しいパーツに入れ替わり外観はがらりと変わっています。

自転車の防犯登録をし直すためには、まずその自転車を購入した販売店へ手続きをお願いするのが良いだろうというのは、調べなくても想像できます。ところが、買ったお店へ出向いてみると自転車屋の看板は下ろされガラス越しに見える店内(もう店ではない)には売り物と思われる自転車等は一切置いていません。

ここにお願いするのは無理だろうと判断し、防犯協会(各都道府県に防犯協会連合会というのがあるようです)へ電話して聞いてみることにしました。

購入店以外で防犯登録する方法は?

防犯登録協会に電話で問い合わせてみると、販売店がもう業務を行っていない場合(もしかしたらそれ以外の理由でも?)別な店でも再登録は可能とのこと。そんな安心できる話を聞き、ついでに手続きをしてくれそうな近くの自転車屋までも紹介いただいて、早速その自転車屋まで行ってみることにしました。

思わぬところで手続きに躓く

防犯登録協会の方の話では、なにも問題なく再登録できそうな感じでしたが、いざ自転車屋に行ってみるとフレームの刻印が確認しづらく(良く見れば読めるレベル)再登録の手続きができないとの話なのです。

フレームの車体番号のような記号と番号は先に控えていたので(写真があるのでここに貼りたいくらい)、それと同じものであるという確認はできる状態で持ち込んでいるにも関わらず。そこの自転車店の店長は「うちでは(登録)できません」とはっきり言うのです。

防犯協会の話のほかにも、自分でもいろいろ調べてはいたので登録できる条件は揃っているにもかかわらず、店長とやらは経験が少ないらしく(見かけも若い男)例外対応できず他の店舗に電話して登録の仕方について確認しようともしない。

「通常パターンと異なるので面倒だからやりたくないよ。」といった具合なのです。

気を取り直して別な店へ

例外対応できない応用も効かないお子ちゃま店長を相手にしている暇もない私は、店を出て防犯登録協会へ再度電話し別な店を紹介してもらいました。防犯登録協会の担当者も私が事情を話すとその自転車屋の対応については驚いていた様子です。

とんだ手間を食らったわけですが、新しく紹介してもらった自転車店へ自転車を持ち込み事情を話すと、今度はすんなり手続きを行っていただけ、簡単な自転車の点検までもしてくれました。

防犯登録に車体番号は必要なのか

私も自転車屋へ自転車を持ち込む前に、防犯登録の再登録に必要な書類、手続き方法などはネットでだいぶ調べましたが、フレームにある刻印の確認方法などは調べても確信できるものはでてきませんでした(ホニャララ知恵袋の回答では車体番号は必ずしも必要でないとの回答)。

※車体番号の刻印がない自転車でも自分で決めた任意の番号を貼り付ければ登録可との情報が何件かあるようですが、参考にしてよいものかどうか迷うところですね。

おそらく車体番号の確認方法については、それほど厳格化されておらず業務を行う側の裁量によるものと思われます。そうでなければ、刻印に錆や汚損が及んだ場合(あまりひどいのは廃棄ですが)などは防犯登録できませんという変な話になってしまうし、防犯登録は義務ですので刻印が確認できなければ乗ってはいけませんという話になってしまうことでしょう。

防犯登録の制度の主旨から考えても、車体番号の確認に難があるから例外的なものは全て役人へ伺いをたてなければならない訳でもないことでしょう。こちらは自分の住所連絡先まで提示しているのですから全く悪意などないのですし、そんなことは私が考えなくても自転車屋の看板下げて働いている人であれば容易にわかることだと思うんですけどね。

結果的には防犯登録をし直すことができて私の自転車はこれからも堂々と道路へ出ることができます。
そして、天気が良ければどんどん乗ってあげたいですね。